2019年02月21日

外国人観光客にも人気の和風なジャパニーズスタイルのインテリアも★高級ホテルのベッドを販売しているサイトによる業界ニュースクリップって?

■オリックス不動産は、旅館・ホテル運営事業ブランド「ORIX HOTELS & RESORTS」を立ち上げた。
2002年に宿泊事業に参入し、現在国内23施設、約5,400室を運営する規模に成長した同社は、インバウンド市場の拡大を視野に、統一ブランドを活用してさらなる事業拡大を目指す。23施設のうち、他社に運営を委託する施設を除いた13施設を新ブランドに集約。「また行きたい、と思っていただける場所」をコンセプトに、施設を「温泉旅館」「温泉リゾート」「シティ」「パークサイド」の4カテゴリーに区分、特徴を明確にし、滞在の提案や情報発信をおこなっていく。

■米・ニューヨークのグランド・ハイアットNYが、解体されて複合ビルになる。
同ホテルは、グランドセントラル駅に隣接し、ドナルド・トランプ氏がマンハッタンで初めて手掛けた大型物件でもある。新たに建設されるビルは、延べ床面積が約200万平方f(約18万5,800平方m)で、オフィスや小売店舗のほか、規模を縮小したグランド・ハイアットが入居する予定。解体工事の開始時期やビルの高さなどは未定。

■HAMACHO HOTEL & APARTMENTS(都内中央区)がオープンした。
建物は、ホテル・店舗・賃貸住宅で構成する複合施設で、ホテル部分(170室)は、国内外で個性的なホテルを展開するUDSが企画・設計を手掛け、運営も行う。1階店舗部分にはブルーノートジャパンが新業態のダイニング&バー「SESSiON」を出店した。賃貸住宅(180室)は、東急住宅リースが管理・運営を行う。
ホテルは、歴史ある名店や最先端のレジャースポットに隣接しながらも、江戸の風情と下町情緒を併せもつ東京日本橋浜町で、地域に根付いた文化複合型ホテルを目指す。仕事もリラックスもできるコンパクトな客室から、レジャーやファミリー利用にも対応したタイプまで、用途に合わせて選べる全170室の多様な客室を設定した。

■ホテル近鉄ユニバーサル・シティ(大阪市此花区)に、「セサミストリート」のキャラクターをモチーフにしたコンセプトフロア「ユニバーサル・ウキウキ・ラッキー・フロア」が登場した。
客室は、「セサミストリート・マーチングバンド・ルーム」(38平方m、4室)、「セサミストリート・パジャマパーティ・ルーム」(31平方m、4室)、「エルモのハッピー・ルーム」(21平方m、8室)、「モッピーのラッキー・ルーム」(同)の4タイプを展開。全室禁煙で、靴を脱いでくつろぐ仕様。バスルームやアメニティにもキャラクターのデザインを施す。同フロア宿泊客には、セサミストリートの仲間たちを描いたオリジナルの「バッグ」「パスケース」を進呈する。

■「旅館甲子園」が東京ビッグサイトで行われ、グランプリを「春蘭の宿さかえや」が受賞した。
これは、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部が主催の、旅館業の魅力や自館の取り組み、仕事への思いを従業員らがプレゼンテーションする大会で、今まで注目されることが少なかった旅館で働く人にスポットを当てたという事業。従業員らの目で見た旅館業や自館の魅力、仕事にかける思いをさまざまな手法でアピールしてもらい、「学び」「気付き」を業界関係者ら観覧者に感じてもらおうというもの。
青年部に所属する経営者の旅館など全国1,350施設に出場を募ったところ、各都道府県組合青年部長の推薦を受けた87軒がエントリー。実行委員会による1次審査で18軒が選ばれ、この中から旅館、飲食、行政など8人の審査委員による2次審査(書類審査)で5軒がファイナリストとして最終審査に進出した。
群馬県伊香保温泉の「ホテル松本楼」は、若い人材の定着に向けた「エルダー制度」、岡山県奥津温泉の「名泉鍵湯 奥津荘」は、新たな土産品開発など従業員の率先した取り組み、大阪府あまみ温泉の「南天苑」は、クレームを受けた宿泊客に誠意をもって対応し、問題を解決した事例を紹介。兵庫県城崎温泉の「但馬牛の宿 小宿縁」は、料理を通して宿泊客に地元の魅力と生産者の思いをアピールする取り組み、さかえやは、不登校などさまざまな問題を抱えた生徒らを就労体験で受け入れたり、社員全員で会社の経営を考え、業績を伸ばす意識を醸成する取り組みを進めている現状を紹介した。審査員票と、観覧者による会場票、2次審査の票を合わせて、最も高い得点を得たさかえやが最高賞のグランプリを獲得した。

■エスぺリアイン大阪本町(大阪市西区)が開業した。
客室数は125室。室内はモダンなインテリアで統一した。1階ロビーでは、好きな枕やアメニティを選べる。朝食はブッフェスタイルの和洋食を、大阪市街の景色を眺めながら堪能できる。
メインのターゲットは、ビジネス客とインバウンド。大阪のビジネス街本町にあり、大阪メトロ四つ橋線、中央線、御堂筋線の3路線を利用できる。さらに、本町駅から徒歩2分で、ビジネスと観光に最適。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 04:34| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

ホテルのインテリアをご家庭向けにもお届けしているサイトによる業界ニュースまとめ

■ホテル日航アリビラ(沖縄県中頭郡)では「アリビラ トレジャーハンティング"太陽の宮殿の音楽会"」を開催している。
同ホテルは、6月に開業25周年を迎える。"太陽の宮殿の音楽会"は、開業25周年の記念に音楽会を開くため、演奏家の仲間を探していくという物語。館内に仕掛けられた謎を解き明かし、問題を全てクリアすると報酬を得ることができる。アートが点在する美術館のような館内を探検しながら謎を解く、子供向けの謎解きゲーム。12月31日まで。

■(仮称)ホテル京阪新天満橋(大阪市中央区)が2021年春にオープンする。
天満橋駅近くで、客室は約300室。商業施設の京阪シティモールなど、同社グループの施設が集積する天満橋エリアの魅力を高める。
地上17階建てで、レストランを併設する。ビジネス客や訪日外国人客らの利用を見込む。同駅近くには「ホテル京阪天満橋」もあるが、シングルルームが多いことから、新ホテルは二名以上で泊まれる部屋を用意するという。

■オリックスでは、新たな旅館・ホテルの運営事業ブランドとして「ORIX HOTEL & RESORTS」を立ち上げた。
同社が運営する国内13施設を四つに区分し、利用者のニーズに合わせたサービスを提案するという。
新ブランドのコンセプトは「また行きたい、と思っていただける場所。」。同社の国内全23施設のうち、運営を他の事業者に委託している施設を除く、13施設を新ブランドの下に集約する。13施設を「温泉旅館」「温泉リゾート」「シティ」「パークサイド」に区分し、カテゴリーごとに滞在スタイルなどを提案。施設の特徴や魅力を分かりやすく発信する。
区分は、「温泉旅館」が、「箱根・芦ノ湖はなをり」、「黒部・宇奈月温泉やまのは」、「ホテル万惣」、「大月ホテル和風館」、「御宿東鳳」、「ホテルミクラス」、「蓼科グランドホテル滝の湯」。「温泉リゾート」が、「別府杉乃井ホテル」。「シティ」が、「クロスホテル札幌」、「クロスホテル京都」、「クロスホテル大阪」。「パークサイド」が、「ホテルユニバーサルポート」、「ホテルユニバーサルポートヴィータ」。ブランドの統一化で各施設のノウハウなどを共有し、サービスを向上させる。温泉や料飲食、コンシェルジュなどユニークな発想を取り入れ、サービス品質を向上させていくことで、コンセプトを具体化していきたい考え。

■伊香保温泉(群馬県)では、焼きそば「ペヤング」とのコラボ企画「伊香保温泉ペヤング祭り」を開催している。
「ペヤング」を製造している「まるか食品(株)」は、同じ群馬に本社を置く。
同温泉街の象徴である365段の石段には、巨大ペヤングが出現し、記念撮影のスポットになっており、ペヤングの絵馬所も登場。同温泉の公共浴場は、スカルプDとのコラボペヤングの世界観が味わえる特別な浴場に変身した。また、ロープウェイのゴンドラは、ペヤングラッピングされており、また、今回のコラボ企画のためだけに作った「ペヤング x 伊香保温泉」のオリジナルグッズも各種販売されるなど、伊香保温泉ファンにもペヤングファンにも、見逃せないイベントとなっている。3月末までの期間限定。

■フォーシーズンズホテル丸の内東京(都内千代田区)では3月16日より、「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」とコラボしたアフタヌーンティーメニューを提供する。
ホテル7階のモチーフレストラン&バー(MOTIF RESTAURANT & BAR)で。
バンズにハイヒールの焼き印が押された和牛ミニ和風バーガーなどの軽食6種とハイヒール型のサブレや「ジミー チュウ」のアイコン"スター スタッズ"を模した星が散りばめられたタルトなどのスイーツ8種と共に「ジミー チュウ ロー オードトワレ」のミニチュアサイズが付く。500円プラスすることでチョコレートドリンクを選ぶことも可能。5月31日まで。同ブランドが国内のホテルとアフタヌーンティーでコラボするのは初めてだという。

■ジョージア・トビリシに、印刷会社を改装したホテルがある。
「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社だった。洗練された姿ながらも、どこか趣が感じられるホテル。
当時の壁や天井、柱はそのまま使われており、印刷作業が行われていた場所の素材を活かしたまさにインダストリアルスタイルな内観。晴れの日には、ガラス張りの外壁から大陽の光が差し、無機質な壁や柱が醸す無骨な空気感を和らげる。きれいに塗り替えられている部分もあり、宿泊用の客室は白を基調にしたインテリアなど、ホテルとしての清潔感は各所に見られる。



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 08:50| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

ホテルマンも必見の業界ニュース - ホテル備品販売 - ホテルベッドをご家庭にも

■ホテルユニバーサルポート(大阪市此花区)に3月3日、新コンセプトルーム「Girlyルーム」が登場する。
おしゃれに敏感で、好奇心あふれる大人ガールたちのためにつくられた、新しいコンセプトルームで、コンセプトは、「邸宅の一室にあるワードローブ(衣裳部屋)」。室内には、愛らしいピンク色を基調とした小物が並び、煌びやかなシャンデリアが目を引く。また限定アメニティとして、「すべては女の子の"かわいい"のために」をブランドコンセプトとする「JILLSTUART」 のバスアメニティや、フェイシャルスチーマー、マイナスイオンドライヤー、マッサージクッションなど、女性向けのアイテムを揃えた。癒しと寛ぎの空間で、心ときめくぜいたくな女子会ステイが楽しめる。さらに、「Girlyルーム」誕生初日は、1日限りのひな祭り特別宿泊プラン(朝食付)を用意。ロゼスパークリングワイン&ウェルカムスイーツが客室に届き、スイートな時間を過ごせる。

■U-MUI Forest Villa Okinawa YAMADA GUSUKU(沖縄県国頭郡)では、全室に高級輸入車が付帯するというサービスを開始する。
5月1日にオープンする同ホテルでは、エクセルレンタカー沖縄と提携し、全室に高級輸入車が付帯するというサービスをおこなう。沖縄観光の課題として、空港からレンタカーを利用する際、手続きに長い時間を要することがあげられることから、宿泊客を対象に、那覇空港からホテルまでの送迎サービスのほか、全室にBMW MINIやレンジローバーなど、高級輸入車を無償で付帯するという。
同ホテルは、全18室のヴィラタイプホテルで、「お客様自身のリズムで過ごせるホテル」をコンセプトに、食事や飲物を営業時間内の好きな時間帯に利用できるラウンジレストランなどを用意する。

■ウェスティンホテル仙台(仙台市青葉区)では、食用花の鍋料理「フルール ド フォンデュ」の販売を開始する。
同ホテルでは、今春のテーマを「Couleur(クルール/色彩)」とし、彩り豊かに芽吹く春の色をイメージした特別なひとときを提供する。その一環として、レストラン「シンフォニー」で、ユニークなエディブルフラワー(食用花)の鍋料理「フルール ド フォンデュ」を販売する。
同メニューは、仙台名物のセリ鍋、南フランスのブイヤベース、ベトナムで人気の花鍋の3種の鍋からシェフが着想を得たオリジナルの料理で、エディブルフラワーや野菜、魚介をオマール海老の香り高いブイヤベースの出汁で味わうもの。歯ごたえのあるセリや菜の花は初々しい苦味が春の香りを醸し、さらに添えられたエディブルフラワーの豆乳コラーゲンゼリー寄せを加えることで、コクのあるまろやかな風味になったスープを楽しめる。また、最後まで鍋を味わいたい人は追加料金でタリアテッレまたはひとめぼれ米をスープとあわせ鍋を締めくくることもできる。華やかで栄養素を多く含んだヘルシーな鍋料理。

■アマン京都(京都市北区)が11月に開業する。
京都市北区の鷹峯地区に建設。敷地面積は約2万4000平方m。リビングルームやダイニングルームを備えたヴィラ形式の2つの宿泊施設と4つの宿泊棟(24室)の他、レストラン棟、スパ棟、フロントなどが入る棟がある。価格帯は2014年に開業した「アマン東京」よりも高めに設定する。宿泊客の半分以上は欧米やアジアからのインバウンドを見込む。国内では東京、伊勢志摩に続く3つ目のホテルとなる。

■東京ベイ潮見プリンスホテル(都内江東区)が2020年7月にオープンする。
ホテルの名称は、東京ベイエリアの魅力を世界に発信していきたいとの思いを込め「東京ベイ」を、ホテルの位置する「潮見」に付加し、「東京ベイ潮見プリンスホテル」とした。
客室は全605室、この内500室を占めるツインルームは最大4名が利用できるフォースルームに変更でき、子供用2段ベッドを設えた4名定員の2段ベッドルーム(10室)、3名定員のキングルーム(94室)等と合わせ、ホテル全体での最大受入人数は2,324名。
ホテルの位置する潮見はJR京葉線の「東京駅」と「舞浜駅」の中間地点に位置するため、周辺観光施設を訪れる観光客や、周辺大型イベント施設に訪れる多くのビジネス客の利用を見込む。さらに、潮見の位置する東京ベイエリアは、東京都の東京ベイエリアビジョン(仮称)でも、日本の今後の成長を創り出す場所として注目され、またJR東日本の進める羽田空港アクセス線構想の実現により、空港へのアクセスが飛躍的に向上することも想定され、発展を遂げるエリアとして期待されている。

■米・ルイジアナ州の教会が、ホテルとして生まれ変わった。
「Hotel Peter & Paul」がそれで、ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会がホテルとして再生した。ひとつひとつの部屋のインテリアにこだわり、4年という月日をかけて慎重にリノベーションされたという。ニューヨークのインテリアデザイナーASH NYCが手がけた部屋もあり、それぞれの客室の内装が異なり、人間味のある教会の雰囲気を生かした、温かみのあるデザインとなった。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 23:32| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

知っておくべき業界ニュース 〜 ホテル・旅館・観光・宿泊業界 〜 ホテル備品販売

■ホテルオリエンタルエクスプレス東京蒲田(都内大田区)が4月にオープンする。
蒲田は町工場の多い地域。そんな「蒲田ならではの町工場を感じるホテル」、町工場やそこで働くクラフトマンの「体験価値を持つホテル」をコンセプトにした。地域の発信拠点となるべく、町工場シーンの写真や工場での生産物、さらに実際に使用していた製造機械などを展示し、日本の高度技術が生まれた過程や作っているクラフトマンのこだわりに触れることができる。エントランスには大田区蒲田の町工場で使用していた旋盤機がディスプレイされるなど、ホテルの扉を開けた瞬間から"蒲田の町"を体感。
朝食ブッフェでは日本独自の食文化である、かつてクラフトマンが食べたであろう「お弁当」を詰める体験ができる。また、大田区には「蒲田温泉」をはじめ、黒湯といわれる温泉が点在。東京23区で現存数第一位を誇る銭湯や温泉をめぐれば、そこに暮らす地元の人とコミュニケーションをとることで、町を感じ、楽しみ、より思い出深い場所として蒲田の街を色濃く残すことができる。浴衣の貸し出しもあり。

■ホテルニューグランド(横浜市)では、レクサス乗り放題+スイートの宿泊プランを販売する。
2月14〜16日と3月14〜16日の期間、チェックインからチェックアウトまでの滞在中、レクサス「LC」、「LS」に乗り放題の宿泊プラン。レクサス山下公園店とのタイアップ企画として初めて企画した。
宿泊はホテル最上階のスイートルームを用意。レクサスで横浜の街を自由にドライブした後、指定の時間にホテルメイドのチョコレートケーキを部屋へ届ける。翌日は、特別朝食「モンテクリストサンド」を、横浜港が一望できるレストランまたはルームサービスで提供する。バレンタインとホワイトデー限定の宿泊プランで、1日1室限定。

■名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)に、大きな「雛のつるし飾り」が登場した。
古い着物などの布でつくった花や動物など約1万個の細工物がひもにつるされ、華やかにロビーを彩っている。制作したのは愛知県大治町の愛好会「雅の会」。「世界一大きいつるし飾り」として、ギネス世界記録に申請中の作品もあるという。長さ約2.7mで、バレーボール大の細工物が30個つるされている。

■星野リゾートBEB5軽井沢(長野県北佐久郡)は、35歳以下なら割引という価格設定を打ち出した。
同ホテルのコンセプトは「仲間とルーズに過ごす」。若者は旅行する際に「何をするか」や「誰と行くか」にこだわることに着目。仲間で利用できるように3人部屋を多く用意したほか、ホテル内の遊びの施設と観光案内も充実させた。3人部屋の「ヤグラルーム」は、1部屋18,000円からと季節によって変わるが、35歳以下のみで泊まれば16,000円の固定価格に割り引く。2人で泊まれば1人あたり8,000円、3人だと5,000円強となる計算。既に4、5月の大型連休はほぼ予約で埋まっているという。手軽さを打ち出して、高齢者に比べて旅行の機会が少ない若年層の需要を引き出し、将来の顧客層を育てる。

■三井不動産は、「(仮称)京都二条ホテルプロジェクト」について公表した。
計画地は、17世紀末頃から昭和中頃まで250年以上にわたり三井総領家(北家)の居宅があった同社グループとゆかりのある地で、二条城の東側・堀川通りに面し、7,000平方mを超える敷地。
ホテル開発にあたって、この地で受け継がれてきた遺構を新築ホテルのエントランスや庭園の景石等として活用し、現代の建築・デザイン界を代表する国内外のトッププレーヤーによる京都の伝統文化・精神性を取り入れた施設デザインを採用することで、歴史性と先進性を兼ね備えた滞在空間を実現することを目指す。
客室は平均50平方mを超える161室で、約210平方mのプレジデンシャル・スイートルームを含む多彩な部屋タイプを用意。さらに、庭園を臨む2つのレストラン、約1,000平方mのSPAエリアを設ける。開業は2020年夏を予定している。

■ホテルシギラミラージュ(沖縄県宮古島市)が4月に開業する。
コンセプトは"地上の楽園への Gateway - 唯一無二の宮古ブルー、カラーパレットのような蒼の世界への誘い"。客室は全120室。"海と空と大地、移りゆく景色の調和"をコンセプトに、ブルーオーシャンと輝く白浜をイメージした色調のインテリアでまとめられ、全室51平方m以上のゆとりある空間となっている。クリフサイドから昇るダイナミックなオーシャンサンライズや、辺り一面を幻想的なオレンジ色に染め上げる夕陽など、宮古島の豊かな自然が見せる色彩美は圧巻。ジャグジー付きデラックスから、最上階のプライベートプール付きスイートまで、多彩な客室が至福の宮古島ステイを実現する。夏には、ヴィラタイプ40室もオープンする予定。



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 00:42| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

高級ホテル客室のインテリアをご家庭の寝室にも実現 | 一流ホテルのベッド | ホテル備品販売

■東京ディズニーランドホテル(千葉県浦安市)では4月7日より、人気テレビシリーズ「ちいさなプリンセス ソフィア」をテーマにしたスペシャルルームが登場する。
ピンクとラベンダーをテーマカラーとし、かわいいデコレーションが施された客室で、部屋に入るとすぐに目に入るヘッドボードの背後には、「お花摘みに行きましょう」と誘うソフィアと、それに喜ぶ仲良しの動物たちが描かれており、ベッドスロー(ライナー)はドレスの柄やパステルカラーの花々やパール。子どもが寝転ぶのにちょうどいいサイズのソファには、ブルーのナイトウェアに身を包み森で摘んできた花々にかこまれたソフィア。天蓋ベッドのようなドレープカーテンの装飾も施されている。室内ミラーやドレッサーにもデコレーションがあしらわれており、春らしいかわいさで一杯。また、窓辺のテーブルの天板にもソフィアの持ち物やフェアリーが描かれており、その他、お城や馬車のシルエット模様がプリントされたルームランプや、ソフィアの住むエンチャンシアのお城や姉のアンバーとの絵など、子供達がソフィアの世界にどっぷり浸れるような客室仕様となっている。

■TAOYA志摩(三重県鳥羽市)が4月19日にグランドオープンする。
大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが、昨年10月に取得した旧タラサ志摩ホテル&リゾートをリニューアルし、オープンさせるもので、大江戸温泉物語の新しいラインナップとなる。
コンセプトもこれまでとは異なり、「ゆったりと、たおやかに」過ごせる温泉リゾートになる。
メインとなる大浴場では、海と一体になったように感じる「インフィニティ風呂」を用意。シャンプーなどのアメニティは、オーガニック系など3種類から選択可能とし。館内着は大江戸温泉らしさを残し、浴衣を採用した。海を望む湯上り処では、生ビールやソフトドリンク、アイスキャンディー等をフリーで提供する。
レストランでは、三重県の魅力あふれる食文化をより身近に楽しんでもらうため、同県の特産物を使用した、多種多様なグルメバイキングを用意。伊勢うどん、手こね寿司などの当地メニューをはじめ、和洋中バラエティに富んだメニューを提供する。

■中国・杭州に、入浴できる「火鍋」が登場して話題となっている。
中国の大型連休、春節(旧正月)に合わせて、杭州第一世界大酒店が、温泉を「仕切り鍋」に見立てたキャンペーンに乗り出したもので、館内の風呂を鍋のように小さく仕切り、それぞれに唐辛子やレタス、リンゴ、バナナなどを浮かべた。入浴しながら肉や野菜の巨大な串焼きにかぶりつく人々の写真も紹介されている。
「火鍋」は四川省成都や重慶の名物とされるが、温泉は杭州観光の目玉の一つでもあり、春節を前に健康的なライフスタイルの普及を図るのが目的だという。

■カタール・ドーハに、「モンドリアン・ドーハ」がオープンした。
「モンドリアン」は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、マイアミなどで、スタイリッシュで独創的なデザインホテルを運営することで知られるモーガンズホテルグループが運営するホテルブランドのひとつ。
ドーハのモンドリアンでは、インテリアブランド、moooiの創設者として知られるオランダのデザイナー、マルセル・ワンダースが、奇想天外な夢の空間を創り出した。アトリウムやレストラン、スイートルームには多彩なスワロフスキー・クリスタルのシャンデリアが吊り下げられ、巨大なキノコ形オブジェと、その隣にそびえるレース模様をまとった螺旋階段がラウンジを彩る。
屋内プールは、大人限定の寛ぎスペース。16歳未満はスパへの入場禁止。
巨大なステンドグラスや深紅のチェアがユニークな、27階のバー「ライズ」。スカイバー「ライズ」は天井を覆うカラフルなステンドグラスと大胆なモノトーンの壁や床のコントラストが印象的。どこにいてもマルセル氏の感性と創造性が感じられる五つ星の同ホテルのコンセプトは「アラブの文化とモダンなデザイン美学の融合」。

■リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)では、今年4月に開業25周年を迎えることを記念し、3種の特別な宿泊プランを販売する。
開業25周年宿泊プラン「麗嘉(リーガ)」は、毎月25日、1日1室限定の最上級ラグジュアリーステイを約束する2名1室25万円のプラン。開業以来、一般販売はせず、皇室・国賓等を受け入れてきた同ホテル最高級グレードの客室「ロイヤルスイート(180平方m)」を25周年記念プランとして特別に提供。宿泊の他、エステやシャンパン付ウエルカムルームサービス、館内レストランでディナーを堪能できるなど、特典満載のプラン。
また、ワンランク上のレディース宿泊プラン「雅(みやび)」は、女性客への感謝と応援の気持ちを込め、これまでにないラグジュアリーなレディースプランを提案。また、「2食付宿泊プラン」は、25周年の感謝をこめて通常よりリーズナブルな料金で提供。ホテル館内レストラン3店から選べるディナーと充実メニューの朝食ビュッフェ付。

■アンワインドホテル&バー小樽(北海道小樽市)が3月下旬に開業する。
札幌に続いて2号店目となる今回の建物は、北海道で初の外国人専用ホテルとして昭和6年(1931年)に建築された「旧越中屋ホテル」で、戦時中は将校クラブとして陸軍に、戦後は米軍により接収された歴史を歩み、小樽市指定歴史的建造物、経産省「近代化産業遺産群33」にも指定されている。ホテル営業としては2009年の閉館後、長らく閉鎖されていたが、今回大規模リノベーションを経て再生する。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 14:43| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

「知っ得」べき業界の有意義なニュース 〜 ホテル・旅館・観光・宿泊

■ビジネスイン・ニューシティー(横浜市中区)では、「忍者の日」に火炎術をイメージした「火龍薬湯」を提供する。
日本忍者協議会が定める「忍者の日」(2月22日)限定のサービスで、浴場の一部を、唐辛子や生姜などの生薬を配合した「火龍薬湯」として提供するという。さらに、来館者先着100名に樹脂製手裏剣をプレゼントする。
同ホテルでは、外国人観光客の中に、日本特有の文化である忍者に興味を持つ人が多いことから、忍者をコンセプトにしたカプセルルーム「忍」も開設している。

■ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)では、「巨大チョコレートがホテルをジャック?!」をテーマにしたバレンタイン装飾を実施している。
「チョコレート・バー」がテーマのフォトスポットに囲まれ、バレンタイン女子会気分でホテルステイを楽しめる。また、同期間に開催されるレストラン・フェアでは、バレンタイン限定でチョコレートファウンテンが「チョコ&ラズベリー」にバージョンアップしている。
N.Y.ロビーでは、雪が降り積もったロビーのゴージャスチェアと暖炉が一転、バレンタイン仕様の巨大な板チョコレートのフォトスポットが登場。高さ約2.6m「タイムトラベル・コンシェルジュ」のビッグな懐中時計とともに、ここだけにしかない、インパクト満点のフォトスポットとなっている。
また、ハワイをテーマにしたレストラン、ブッフェダイニング「アーカラ」にも、エントランスには”チョコレート・バー”をイメージしたフォトスポットが登場。バーカウンターは、ピンク色の板チョコがモチーフ。ネオン管のキッチュなイルミネーションが映え、一緒に写真を撮れば1980年代のポップなスクリーン・スターの気分になれ、SNS映えもする。3月14日まで。

■マリオット・インターナショナルは、 昨年、世界中で、500軒・8万室のホテルを開業したと発表した。
あわせて、世界各地で今後ホテル開発を行っていくことも発表した。
昨年末の時点で、 マリオットのグローバル展開は、130の国と地域に6,900軒以上のホテル、130万室を超える成長を見せ、フィンランド、ニュージーランド、リトアニア、マリ、ウクライナへは初進出を果たした。また、今後開業予定で現在開発中のホテルも478,000室まで拡大したという。
昨年は、ヨーロッパ、中東、アフリカで客室数の契約で最多数を記録し、またアジア太平洋地域では契約ホテル数で新記録を樹立した。
現在、マリオットのブランドには、ザ・リッツ・カールトン、セントレジス、JWマリオット、エディション、ラグジュアリーコレクションなどの高級ブランドがあり、ザ・リッツ・カールトン上海虹橋、ドバイのセントレジス、ドミニカ共和国での3つのラグジュアリーブランドプロジェクトなど、6つのブランドを通して、6,200室からなる29軒のラグジュアリーホテルの契約を締結した。マリオットのラグジュアリーホテルの開発と開業予定数は、同社に続くホテル企業3社の合計数を凌ぐ規模であるという。

■センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区)に、「白い恋人ランチ」が登場した。
館内のレストランで石屋製菓とコラボした特別ランチで、同社の菓子などをモチーフにした料理や、菓子を使ったデザートなどを期間限定で提供している。石屋製菓が道内のホテルとコラボを企画したのは初めて。
石屋製菓のミルフィーユ菓子「美冬」に見立てた魚料理や焼き菓子「i・ガトー」を使ったデザートなどをメニューとした。「白い恋人ランチ」として19階の和食店、23階の洋食店で提供し、料金はともに1人3,780円。春節などで冬の観光の最盛期である2月にフェアを実施し、国内外の観光客を取り込む。2階ロビーでは、白い恋人ロビー展も開催している。2月28日まで。

■銀座キャピタルホテル萌木(都内中央区)が開業した。
はとバス直営ホテルで、1972年に「銀座キャピタルホテル」が開業し、1979年に新館が開業、今回、3館目となる。
今回は、シングルルーム中心の従来の2館とは異なり、ツインルーム中心の136室。ファミリーでの利用が多いインバウンド客や女子旅など、グループでの滞在に対応し、「アウトサイドコネクトルーム」(最大定員7名)なども設定した。
内装デザインは、「Light luxury and Art」をコンセプトに、シンプルながら手の届くラグジュアリー感とアートのある空間とした。また、館内の写真アートは、東京で活躍する気鋭のフォトグラファー12名がフロアごとにガイドブックにはない「ライブな東京」を撮影したものだという。

■ドイツ・バイエルンに、「ソーセージのホテル」がオープンした。
食肉業を営む男性がオープンさせたのは、ソーセージの「ブラートブルスト」をテーマにしたホテル。
客室には、壁や天井いっぱいにソーセージが描かれ、ベッドにはソーセージの形をした円柱クッションが置かれ、バスルームの石けんもソーセージの形をしている。階下にあるレストランでは、ソーセージを使った多くの料理が楽しめる。
ホテルはニュルンベルクから約40km南にあり、客室数は7室で、1泊の宿泊料金はシングルルームが78ユーロ(約9,730円)から、ダブルルームは98ユーロ。宿泊代に含まれる朝食は、当然ながらソーセージも提供される。
ホテル内ではソーセージやハムなども販売されているほか、料理教室に参加することもできるという。
━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 21:34| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする