2019年04月30日

マットレスやベッド(業務用・高級ホテル向け)を個人邸にも一台からお納めしているサイトがクリップした業界ニュース

■丸ノ内ホテル(都内千代田区)では、8Fフレンチレストラン「ポム・ダダン」の店内を改装し、多彩なシーンで利用できるメインダイニングとしてメニュー構成も一新した。
「モダンジャパニズム」をコンセプトに、温かさと落ち着きのある木目と大きな窓ガラスで作られた空間には、明るいベージュ色のチェアを配置。カジュアル・フォーマル問わず利用できる、居心地の良い空間づくりを目指した。テーブルやチェアのサイズ・配置にもこだわり、利用用途によってレイアウトをフレキシブルに変更できる。インバウンド需要の増加などにより、多くの人で賑わう朝食時間の混雑緩和にも配慮したという。
モーニングからディナーまで一日を通して幅広いニーズに対応し、多彩なシーンで活用できるメインダイニングへと生まれ変わった。

■ホテルカナタ京都(京都市中京区)が開業した。
「現代の美意識で日本を愉しむ」をコンセプトに、各分野で活躍するクリエイターが集結し、京都・日本を現代的な解釈でとらえた空間・ホテル体験を提案する。
建築設計・客室インテリアデザインは、集合住宅やホテルのみならず、街づくりや再開発のプロジェクトもデザインをし、国際的な活躍をする光井純&アソシエーツ建築設計事務所が手掛けた。京都の夏の風物詩「川床」をイメージした開放的な眺望を実現するテラス、水平方向の線の美しさを強調したデザインは、いずれも京都の 町並みを読み解くことで考案されたもの。
ゆったりとした家具とライブラリーを配した1Fのラウンジスペースは、心地良い音楽とともに一日を通して思い 思いの時間を過ごせるスペース。夜のバータイムには日本初のボタニカルブランデー蒸留所mitosaya(ミトサヤ)のラインアップを楽しめる。
世界遺産・二条城の眺望を、室内やバルコニー、バスルームから楽しめるロケーション、上質で洗練された空間と16室だからこそ可能な適度な距離感のサービスで、京都滞在の新たな選択肢を提供する。

■ホテルオークラ東京ベイ(千葉県浦安市)では、「令和」への改元を記念した「令和 食パン」の販売を開始した。
場所は、1階のカフェレストランテラス売店で、国産の食材とやわらかさにこだわった「ja・パン(じゃぱん)シリーズ"純国産素材〜食パン〜"」にフリーズドライの苺パウダーとチョコチップを加え焼き上げた。ほのかに香る苺と、チョコレートの甘味が絶妙な味わいを奏でる。トースターを使わず味わうことで、やわらかくもっちりとした食感を楽しめる。

■SARASA HOTEL 道頓堀(大阪市中央区)がオープンした。
客室は、シングル・ダブル・ツイン・トリプル・和洋室など全158室。ツイン+ツインのコネクティングルームも設定した。フロントデスクは24時間、日本語・英語・韓国語・中国語・スペイン語と5カ国語に対応する。朝食は1階レストランで6時30分〜9時30分に和洋ビュッフェ形式で提供。メニューは日替わりで連泊中も飽きる事がない様に配慮している。大阪メトロ日本橋駅より徒歩5分の立地。

■米・カリフォルニアのディズニーランドと、フロリダのディズニーワールドに、ディズニー史上最大規模のテーマランドとなる「スター・ウォーズ ギャラクシーズ・エッジ」がオープンする。カリフォルニアは5月31日、フロリダは8月29日。この内、ディズニーワールドには、スターウォーズホテルが開業する。
スター・ウォーズの世界を体感できる豪華なホテルになる予定で、ホテルに一歩踏み入れれば、スター・ウォーズの物語の一部となり、銀河市民となる。スター・ウォーズの宇宙船のように見える豪華なリゾートになる予定で、場所は、ハリウッドスタジオのスター・ウォーズ・エリアの裏手。インタラクティブな景色(銀河やプールなど)を楽しめる最大4名の客室。宿泊者全員が同じストーリーを体験することになるという。滞在中の食事は全て含まれ、パークチケットも含まれる。滞在中に展開される「ストーリー・ドリブン・エンターテイメント」では、キャラクターグリーティング、パーソナライズされた極秘ミッション、宇宙船の探索、ライトセーバーの訓練などが行われ、スター・ウォーズのストーリーを体験できる。世界中のスター・ウォーズファンが待ちに待ったホテル。

■ホテルランタナ那覇国際通り(沖縄県那覇市)が5月中旬にオープンする。
敷地面積は932平方m、延べ床面積は5,012平方m、地上10階、地下1階建て。客室はツインを中心に、スイートルームや最大4人が泊まれるフォースなどがある。体の不自由な宿泊客に対応したユニバーサルルームもある。全162室で、「那覇市内でリゾート気分を味わえる空間」をコンセプトに、観光客をターゲットとした集客を目指す。外国客などに対応するため、フロントには自動でチェックインやチェックアウト、精算ができる受付カウンターを備える。
posted by dream at 02:32| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

一流ホテルのインテリア(ベッドや寝具)をご家庭向けにもホテル向けにも1台1枚からお届けしています - ホテル業界ニュース -

■オリエンタルホテル京都ギャラリー(京都市東山区)が9月2日に開業する。
コンセプトは「The Essence of Kyoto」。京都の様々な伝統モチーフをスタイリッシュに融合させ、ホテルの各所にエッセンスを加えることで、お客が過ごす動線を通じてヒューマンで心地いい空間を体感してもらう。
エントランスには「縦格子」や「市松模様」、レセプションには「琳派」や「土間」、レストラン&カフェには「木組み」、客室には、「雪見障子」や「水墨画」等の、日本の伝統的なモチーフを取り入れた。客室は、ダブル19室、ツイン128室、スイート2室、ユニバーサル1室の計150室。

■京都プラザホテル(京都市南区)では、「ホテルマンが撮った京都」プロジェクトを始動した。
同ホテルの社内会議で「ホテルの部屋の絵はつまらないものが多い」という意見が出され、そこで、写真愛好家のスタッフが撮りためた1,000枚を超える京都の風景写真、印刷、フレーム選び、作品名プレート、部屋への設置まで、全てスタッフの手づくりで行い、このほど新館の全客室で設置が完了した。
同プロジェクトでは、写真愛好家のスタッフが撮り溜めた1,000枚以上の写真データの中から、スタッフ自身と企画チームが105枚を選定。有名なスポットから、観光客にもあまり知られていない穴場スポットまで、バラエティに富んだ風景写真を新館の各客室に設置した。
写真は客室により全て異なるため、どんな写真に出会えるかは、チェックインまでの「お楽しみ」だという。また、写真の場所は他言語で表記。実際に訪問したい場合は「部屋番号」をフロントに伝えると、写真の場所までの最適なルートを案内してくれるという。

■グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート(沖縄県読谷村)が7月20日に開業する。
客室は全室ツイン仕様のみ。スーペリア・デラックス・プレミアムコーナージュニアスイート・プレミアムセントラルスイートの全4タイプを設定した。
館内レストランは「BAR & RESTAURANT TASTE」「Cafe & BAR CHILLAX」「BAR ZANPA」で、食を通じて4つの新しい沖縄滞在スタイルを提案する。レストランではフュージョンテイストな料理とワイン、カフェでは香り高いエスプレッソとスイーツ、プールサイドではフィンガーフードとカクテル、バーではスモーキーナッツとウィスキーを用意する。ワインやウィスキーの他、泡盛や日本酒、オリジナルカクテルも豊富に揃え、オーダーしたボトルは専用ボトルケースで館内どこへでも持ち出し可能。

■(仮称)ウオーターホテル パンアンドサーカス(大阪市大正区)が来年1月の開業を目指している。
同区内を流れる尻無川に台船を設置して、その上に2階建て(12室)のホテルを建設する計画で、川に浮かぶ宿泊施設は国内初という。
これは、飲食店や専門学校、ライブ施設などが入居する複合商業施設「タグボート大正」の一画で、京セラドームやJR大正駅に近い尻無川南岸の東西約240m、南北約10mの敷地を利用して建設し、今年11月から順次、営業を始めるという。
船着き場も整備し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや2025年の大阪・関西万博の会場にもなる大阪湾の人工島・夢洲などへ送迎する。河川区域の商業利用は平成23年に規制緩和され、大正区が事業者を募集していた。河川の増水に備えて水位監視などの安全対策をとり、避難場所も確保する方針。

■米・ラスベガスに建築中のホテルが、既存ホテルのデザインの盗用ではないかという騒動が起こった。
現在新しく建設中なのは、旧スターダストホテルの跡地で建設が進められている「リゾートワールド」というカジノホテルで、一方の既存ホテルは「ウィンラスベガス」。このリゾートワールドの外観が、ウィンと酷似しているとの声が上がり、ウィン側は訴えを起こした。地元では、「デザインは偶然の一致」、「許される範囲」といった擁護論から「明らかにコピー、許される範囲を超えている」といった厳しい意見まで、賛否両論。さらに、この両者の立地が、すぐ向かい側ということもあり、話題となった。
しかし、このたびこの騒動、無事に和解となったという。和解の詳しい内容は報道されていないが、リゾートワールド側の「今は似ているように見えるかもしれないが、完成すればまったく似ていないホテルになる」、「当初の予定よりも多少の変更を加える」という条件をウィン側が受け入れることによって和解に至ったとされる。

■仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区)に「名探偵コナン」の部屋が登場した。
江戸川コナン、怪盗キッド、京極真のパネルやセル画、アクリルスタンド、クッション、リネンなどを配置し作品の世界観を演出した客室(40平方m、プレミアムビューバスツイン)で、1日1室限定で宿泊プランを販売している。作品にちなんだ仕掛けも用意。客室内に隠された4つの謎を解いて南京錠を開けると、「オリジナルクリアタンブラー」と「オリジナル白雲石コースター」を持ち帰ることができる。
ディナーは、キャラクターパネルを設置したガーデンレストラン「シェフズ テラス」の個室で、江戸川コナンと怪盗キッドをイメージしたコース料理を提供。ロビーラウンジ「フォンテーヌ」では、プラン限定のオリジナル・ノンアルコールドリンクを1人1杯振る舞う。グラスに付いているオリジナルトランプ風カードとオリジナル予告状コースターは持ち帰り可。

■三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア(都内新宿区)が11月22日に開業する。
同ホテルのプレミアシリーズとしては全国で5施設目、都内では3施設目となり、客室は平均約25平方mと余裕をもった設計とし、神宮外苑や新宿御苑のガーデンビューを楽しめるよう、全客室にバルコニーを設置する。建物2階には、大浴場やフィットネスジムの他、周辺のスポーツ施設を利用し宿泊するアスリートや競技団体のミーティングにも活用可能な多目的室を設置。最上階には屋上テラスを設置する。
テナントは、1階に神宮外苑の杜を望むテラス席を備えたモダンイタリアンレストラン「RISTORANTE E’VOLTA」が出店。2階には「暗闇のソーシャルエンターテイメント」として、禅の思想をベースとしたマインドフルネスのプログラムを実施する、ダイアログ・イン・ザ・ダークの常設会場が出店を予定している。
場所は、都営大江戸線、国立競技場駅より徒歩1分、JR中央・総武線、千駄ヶ谷駅より徒歩5分、同、信濃町駅より徒歩6分。周辺には、現在建設中の新国立競技場(徒歩1分)や東京体育館等のスポーツ施設が複数ある。

posted by dream at 19:21| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

ベッド_ベッドカバー(ホテル仕様)を1台・1枚から販売しているサイトが発信する業界ニュースまとめ

■さきしまコスモタワーホテル(大阪市住之江区)では、36室の客室を増室する第二期を4月19日にオープンした。
7階から17階を来年春に総客室数371室でオープンする計画を四期に分け、第一期として1月29日に109室をオープンし、今回、13階部分に36室をオープンした。
今回は、天王寺動物園とコラボし、天王寺動物園のアフリカサバンナゾーンにいる動物達をモチーフにMika Hashimoto氏がウォールペインティングを手がけたという。三期は10月10日、四期は来春のオープンを予定している。

■ホテルメトロポリタン鎌倉(神奈川県鎌倉市)が来年3月に開業する。
同ブランドとして13番目のホテルで、神奈川県では初出店となる。
JR鎌倉駅東口近くにある若宮大路沿いの場所で、地下1階地上5階建て、延べ床面積約8,800平方mのホテルとなる。客室からは鶴岡八幡宮の「二の鳥居」などの景観が楽しめるという。ツインルームを中心に計138室。館内にはレストランなどの店舗も入る予定。鎌倉を訪れる国内外の観光客の利用を見込む。

■オリエンタルホテル福岡 博多ステーション(福岡市博多区)が開業した。
客室は、「Natural x Cool」をデザインコンセプトにした全221室(ダブル99室、ツイン・トリプル・フォース121室、 ユニバーサル1室)。明るく爽やかでナチュラルな素材感を随所にあしらい、洗面台はバスルームの外に配置した。共用部分には、宿泊者専用の24時間利用可能な最新鋭のマシンを備えた「ジム」や、安らぎの時間を過ごすことのできる「エグゼクティブガーデン」を設置。朝食では、地元の農園・養鶏場・牧場・パン屋・珈琲店等と提携し、食材にこだわった地産地消のメニューを楽しめるという。2階のカフェ&バー「Cross Point」では、同ホテルオリジナルコーヒーをフレンチプレス抽出で楽しめるほか、筑前小石原焼窯元「森喜窯」の器で提供する「むつか堂」の食パンのサンドイッチ、SHIKAHACHIのハニートーストなど、福岡にこだわったメニューを届けるという。
その他、地下レストランフロアでは、福岡エリアで初出店となる新業態の店舗など全8店舗が出店、「食の都ふくおか」を堪能できる。館内には、13室の多彩な会議・宴会場を設置、利用客の多様なニーズに対応。また、2階のLibraryでは、陶芸体験をはじめ、紙漉き和紙体験や抹茶体験、書道体験など、体験型のイベントを定期的に開催するという。

■ネストホテル広島八丁堀(広島市中区)がオープンした。
広島電鉄胡町電停すぐ、JR広島駅より徒歩約15分の立地。原爆ドームまでは徒歩15分、広島国際会議場までは徒歩20分、
客室は、シングル・セミダブル・ツイン・ユニバーサルなど126室。無駄を省いたシンプルな客室に、Wi-Fiを完備した。ナイトウェアには着心地の良い上下別のパジャマを採用。館内には自動販売機、コインランドリーなどがある。

■フォションホテル京都(京都市下京区)が来年オープンする。
日本でも人気を博し、現在全国にブティック28店、カフェ2店、ベーカリーカフェ2店を展開するグルメブランド「フォション(FAUCHON)」。昨年9月には、初めてのホテル「フォション ロテル パリ」をオープンした。
今回の京都は、祇園、東山、四条河原町といった名所まで徒歩10分圏内である京都の中心部・下京区に構える。客室とスイートをあわせて約70部屋を擁し、一階にはフォションベーカリーもオープンする予定。レセプションは、「グランド・カフェ・フォション」と共に最上階に位置し、京都や周辺の山々の風景をのぞむ。
同社は今後2028年までに20軒の開業を目標に掲げ、ヨーロッパをはじめ北米や中東、アジアの国際都市でフォション ホテル建設の交渉を進めているという。

■星野リゾート リゾナーレ那須(栃木県那須郡)が今秋開業する。
豊かな自然の中で農業体験や、自然体験、文化交流を楽しむ「アグリツーリズモリゾート」をコンセプトに掲げる。
同ホテルは、2017年8月に営業を終了した「二期倶楽部」の施設を改装したもので、客室は43室。洗練されたデザインを施し、豊富なアクティビティを備える、同社の西洋型リゾート「リゾナーレブランド」としてオープンする。同ブランドは全国で4施設目となる。
ターゲットとして、若い女性やファミリー層など、幅広く見据え、コメ作りなど地域の生産活動に触れる体験を軸に、新たな旅のスタイルを提案したいとしている。

posted by dream at 02:32| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

毎週_最新の業界ニュースをクリップして発信するホテルのニュース・耳寄りな情報

■ダイワロイネットホテル富山駅前(富山県富山市)がオープンした。
13階建て。客室は2〜13階に204室。北陸新幹線開業後に急増している訪日外国人向けに半数の98室をツインにした。ツインの部屋数は富山県内で最大級で、アジアや近県の観光客の需要を取り込む。英語が話せる従業員を常駐させ、41カ国語に対応する翻訳機を受付に置く。全客室で浴室とトイレを別にした。1階にコンビニとレストランがある。ロイネットホテルは全国で53カ所目、富山県内では富山市中心部の荒町にある「富山」に次いで2カ所目。

■ディーゴホテル(沖縄県那覇市)が、2020年6月の開業を予定している。
千葉県で建設解体業を手掛けるカンナが進めているもので、同社が宿泊業を手掛けるのは初めて。「街中にいながらも開放感のあるホテル」をコンセプトに、広々した客室や、那覇市内では珍しいバルコニー付きとする。2020年の那覇空港第2滑走路の運用開始に伴い、沖縄を訪れる観光客の増加が見込めることから宿泊業への参入を決めたという。
ホテルは地上14階建てで、客室は25室。最大客室面積が約60平方mと広々とした客室が特徴。このほか、スペイン料理が堪能できるレストランや、屋上ラウンジなども予定。

■シェラトン都ホテル大阪(大阪市天王寺区)では4月27日より「兜ケーキ」を販売する。
場所は、カフェ&グルメショップ「カフェベル」で、端午の節句にちなみ「兜ケーキ」を販売する。
戦国武将 真田幸村の兜をイメージした重厚感のある兜形のケーキで、いちごのコンポートとジュレ、ピスタチオのスポンジケーキを層にし、マスカルポーネのクリームで覆い、赤いグラサージュで仕上げた。また、日本料理「うえまち」では「端午の節句プラン」も販売する。5月5日まで。

■ザ・プリンス パークタワー東京(都内港区)では、新たな気持ちで「令和」を迎える「2泊3日断食プラン」を販売している。
同プランは、「平成」から「令和」への改元を前に、身体と心をデトックスするためのプラン。フィットネスジムや天然温泉、都心の眺望を楽しめる部屋など充実した環境で、身体と心を整えるストレスフリーの断食を体験できる。滞在中は、80kcalから200kcal程度のジュースやスープをインルームダイニングで提供。断食を無理なく楽しめるという。また、健康セミナーやフィットネスジムでのインストラクターによるヨガレッスンなど日頃の生活習慣を見直すきっかけとなるプログラムを用意する。

■新宿ワシントンホテル(都内新宿区)にデリバリーロボット「S-mile(スマイル)」が登場した。
導入したのは、米・サビオーク社のデリバリーサービスロボット「Relay」で、軽食や飲み物を各部屋まで運ぶ。エレベータの制御盤とサーバーを連携させるなどし、ロボット単独でホテル内をスムーズに移動できるようにするという。例えば、フロントに宿泊客から注文が入ると、スタッフはリレイ本体に付いているディスプレーに部屋番号を登録する。収納用のフタが自動で開き、飲み物などをスタッフが入れると自動でホテル館内を移動する。スタッフとほぼ同じ時間で作業をこなせる。同ホテルでは、ケーキや花束などを届けるサプライズ演出でも今回のロボットの活用を予定するという。

■SORANO HOTEL(都内立川市)が2020年4月にオープンを予定している。
新エリア「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」にできるもので、JR立川駅北口から徒歩8分、目の前に広大な国営昭和記念公園の緑が広がるエリアに誕生する。「空と大地と人がつながる、ウェルビーイングタウン」をコンセプトに、同ホテルの他、商業施設やオフィスをはじめ、多摩地区最大規模となるホールなどが入る。
ホテルは、客室から昭和記念公園を一望することができ、さらにホテル屋上に都内屈指の約60mの長さを持つインフィニティスパを備える。同ホテルのために天然温泉を掘削したという。温浴施設やサウナ、ジムが入居予定。

posted by dream at 17:39| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

みんなが知りたいホテル業界のニュース話題 - ホテル備品販売

■ペット&スパホテル伊豆高原(静岡県伊東市)がグランドオープンした。
同ホテルは、第1弾「ペット&スパホテル那須ワン」に続くシリーズ第2弾となるもので、伊豆高原の緑豊かで閑静なエリアに立地し、企業の保養所として使われていた建物を、既存の間取りや設備などは活かしながらリノベーションした。館内には、温泉大浴場やレストラン、コミュニティサロンを完備。客室は、和室・洋室・和洋室の3タイプ全12室で、玄関からレストラン、客室まで愛犬(大型犬も可)と一緒に歩くことが出来る。また、愛犬と同席できるレストランでは、海の幸や四季折々の旬の高原野菜を使用した京風懐石を提供、さらに愛犬にも好みと健康を考えた料理長手作りの安心な無添加メニューを用意する。

■米・ロサンゼルスの「ビバリーヒルズ・ホテル」や「ベルエア・ホテル」が、ボイコット運動の対象となっている。
これは、東南アジアのイスラム教国であるブルネイが、同性愛や不倫行為を石打ちによる死刑とする新法を施行したことを受けたもので、これら「ビバリーヒルズ・ホテル」や「ベルエア・ホテル」は、ブルネイ系の高級ホテルであることが理由。
カリフォルニア州ロサンゼルスの市当局者や性的少数者(LGBTQ)コミュニティーのリーダー達が相次いで、ボイコットへの参加を表明した。
ビバリーヒルズ・ホテルは、かつて、オードリー・ヘップバーンやフランク・シナトラ、エリザベス・テイラー、ビートルズなどが好んで利用していたホテル。
市の監査官、ロン・ガルパリン氏は「市全域から選ばれた公職者として、多様なロサンゼルス市民を代表し、ブルネイ王室が所有するホテルをボイコットするようすべての人々に呼び掛ける」と訴えた。同氏はさらに「LGBTQの人々を殺そうとする政権が所有・管理している限り、私は今後一切、これらの施設に足を踏み入れない」と述べた。
同運動ではこれまでに、エルトン・ジョンやジョージ・クルーニーらも、世界各国にあるブルネイ系高級ホテルや施設のボイコットを呼び掛けている。

■ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)に4月15日、「ハローキティ」をモチーフにしたスイーツが登場する。
駅、列車の装飾やコラボ商品など「ハローキティ」がテーマの大阪環状線「ハロー!ループプロジェクト」の一環。
スイーツは、直径26cmの「顔」部分がチョコレートでできており、顔を取ると、中はムースやチョコレートで装飾。オレンジピールを乗せたホワイトチョコレートのムースと、キャラクターの特徴でもあるリボンを添えたいちごムースを「大阪環状線」さながら円形に並べた。一日3個限定。6月30日まで。

■ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)では、元号「令和」と「平成」をイメージしたカクテルを提供している。
新元号「令和」をイメージしたカクテルは、「薫(かおる)〜REIWA〜」で、「薫」という名は、新元号の出典元となった万葉集の歌「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」の最後の文字を使用。新たな時代が始まる祝いの華やかさを赤色で表現したカクテルには、京都の日本酒「月の桂」とウォッカをベースに、苺やミニトマト、晩柑といった季節の素材で作ったシロップを合わせてシェイクし、仕上げに大葉を添えました。名前のとおり薫り高く、日本らしさを表現した爽やかなカクテル。
「平成」をイメージしたカクテル 「和(なごみ)〜HEISEI〜」は、残り1ヶ月となった「平成」の由来である「内外、天地とも平和が達成される」から「和」をテーマとし、すべて日本の素材にこだわったカクテル。ベースとして平成の時代に日本で生まれたジャパニーズクラフトジン「ROKU」を使用し、豆乳、ほうじ茶シロップを合わせてシェイク、仕上げに山椒をトッピングした。5Fの「ザ・バー」で4月30日まで。

■プリンススマートイン熱海(静岡県熱海市)が2020年夏に開業する。
「プリンススマートイン」は、プリンスホテルが新たに展開する次世代型宿泊特化ホテルブランドで、「イノベーションを追求する宿泊特化型ホテル」をコンセプトに、中長期で国内100店舗の展開を予定している。今回開業する熱海では、個人旅行化や若年化の進む熱海で、ブランドコンセプトを体現するため、ICT・AIを活用した最先端のスマートなサービスを提供。快適で機能的な空間を提供する。地上8階、客室数は125室(ダブルルーム62室、ツインルーム63室)を予定。

■ホテルリソル秋葉原(都内千代田区)がグランドオープンした。
コンセプトは「ミックス・アーバン・スタイル」。世界中の観光客を惹きつけ、多様な魅力を放つ秋葉原ならではの「ディープでラフな街」の質感と「都会的」な要素に、日本の繊細さを融合させることで、個性的なくつろぎの場を提供する。館内では、国内外のアートやインテリアが特別な空間を演出、アロマの香りも使用する。
客室は、全143室をシューズオフスタイルとし、モダレットルームとツインベッドルームの2タイプを用意。朝食は、2階イタリア式食堂「キャンティ・デュエ」で7時〜10時に和洋バイキング形式で提供。オリジナルのサラダドレッシングや、イタリアンレストランならではの日替わりの朝パスタなどを用意する。


━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 03:41| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

ホテルのインテリアをホテルにもご家庭にも _ 業界ニュース

■新宿ワシントンホテル(都内新宿区)では、お客の名前に新元号「令和」の漢字が入っていれば割引きする「祝!新元号制定記念キャンペーン」を開催している。
名前に新元号と同じ漢字が多いほど得になるキャンペーンで、直営レストラン2店舗のどちらかを利用したお客が対象。予約者の氏名に新元号「令和」の漢字が多く含まれる程、割引率が高くなり、氏名(フルネーム)の中に1文字一致の場合10%OFF、2文字一致の場合は20%OFF。5月31日まで。

■富士スピードウェイに米・ハイアットが進出する。
2022年度に開業の予定で、ホテルのブランド名は日本初となる「アンバウンド コレクション by Hyatt」。ホテル名は未定。45平方m以上の客室が約120室。温泉や室内プール、フィットネスに加えて会議室や宴会場も備える。過去のレーシングカーを展示し、富士スピードウェイの歴史を伝えるミュージアムも併設するという。ホテルの近くでは2020年度に新東名高速の小山パーキングエリアが開業し、スマートインターチェンジが設けられる。近隣では、2021年に、宿泊・飲食施設やレース車両のガレージを備えた「モータースポーツビレッジ」(仮称)の開業も計画されている。

■ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん(長野県大町市)が2020年春に開業する。
「くろよんロイヤルホテル」が、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループとしてリニューアルオープンするもので、有名ブランドの導入で外国人観光客などを取り込む狙い。改装のため今年9月に一度営業を終了する。改装後にはフィットネス施設を新たに設けるほか、トレッキングなどのアクティビティーや観光施設の案内をするカウンターも設ける。子どもを預ける施設も新設する。2021年春にはホテル隣接地に新館を設け、30室を増室。計103室となる。同ホテルは、インバウンドの人気が高い「立山黒部アルペンルート」の長野県側の入り口の近くに立地。同市に隣接し、外国人スキーヤーが急増する白馬村では2018年冬に米マリオット・インターナショナルが進出している。

■エルイン京都(京都市南区)が「ホテルエルシエント京都」としてリブランドオープンした。
コンセプトは、「泊まればもっと、その"まち"を好きになる」。ホテルスタッフ一人ひとりによる「おすすめ地元京都」の情報発信や、「京都ならではのお土産品」の販売など、京都という「まち」を身近に感じ、好きになってもらうための新しいサービスを開始した。
新サービスのうち、「KOKOIKO!(ここいこ)情報」では、ホテルスタッフ一人ひとりが「おすすめしたい!」と思ったホテル周辺の商品や店舗などの情報を、ホテル滞在者向けWEBガイドブックを通じて提供する。ロビーに設置した大きな地図「DOKOIKO!(どこいこ)マップ」では、桜の開花状況など季節に応じたコンテンツのほか、各地の見所をホテルスタッフのコメントを添えて紹介。「MACHI(まち)みやげ」では、ホテルスタッフがひとつひとつに思いを込めて選びぬいた「ご当地土産」を販売する。さらに「夜のあったかSO-MEN(そうめん)」では、夜の時間限定でホテルオリジナルのカップそうめんをロビーで無料配布する。

■ザ・リッツ・カールトンが福岡に進出する。
24階建て(110m)の高層ビルを核とした複合施設が2022年12月ごろに全面開業する。計画によると、ホテル・オフィス棟のほかに、賃貸マンションや公民館が入るコミュニティー棟(18階建て)、広場(約3千平方m)、イベントホールなどを整備する。
ホテルは、ホテル・オフィス棟の高層部を占める全147室を50平方m以上の広さにする。リッツ・カールトンの進出は国内で7カ所目。1〜2階は商業フロアで、日本初進出の店舗を誘致するという。

■マスタードホテルアサクサ2(都内台東区)が5月1日に開業する。
「渋谷」「浅草1」に続く3号店となる。ホステル・ホテル融合型の宿泊施設として、ミニマルで清潔な空間で、ゲストに快適な宿泊環境を提供する。2階の大浴場は、準天然温泉「光明神々温泉」を採用。"光明石"を入れたお湯は無色無臭で湯質が軟らかく、肩こりや腰痛の解消、疲労回復など様々な効果に期待できるという。1階にはカレー居酒屋「TRIANGLE CURRY」のカレーライスと「GARDEN HOUSE CRAFTS」の焼きたてパン、「Megan - bar&patisserie」のデリフードを用意。ドリンクは日本のクラフトビールや日本酒をセレクトし、宿泊ゲストだけでなく、一般のゲストも利用することが可能。さらに、同フロアは定期開催予定のイベント「CREATORS IN MUSTARD」開催の際は、ギャラリースペースとして活用。ファッションやアート作品の展示を通して、カルチャー発信の場を展開していく。宿泊ゲストには、レンタル浴衣をはじめ、周辺散策に便利なレンタルバイクのサービスも有り。
━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 00:11| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

ホテル旅館業界_最新情報_ホテル備品販売(ホテルの客室インテリアを具現化するサイト)によるニュースまとめ

■フェアフィールド・バイ・マリオネットが奈良に進出する。
奈良県が計画中の「(仮称)国際芸術家村」の宿泊事業者として選定した積水ハウスを代表とする企業グループが、ロードサイド型のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」を展開する計画。ホテルの規模は5階建て、客室数101室を想定。宿泊客には敷地内に整備される道の駅やレストランなどの利用やイベント参加など、連携を図り、滞在型の観光地需要を掘り起こしたい考え。

■ホテルマロウドインチェーンでは、「ムーミンスペシャルルームプラン」を販売している。
同ホテルチェーンは、今春オープンしたムーミンバレーパークの公認ホテルとなっており、スペシャルルームは、室内がムーミン達で飾られ、ムーミンの世界観を味わえる。また、特典として、ムーミンバレーパークの入園チケット引換券が付き、オリジナルルームアメニティ(スリッパ、不織布バック、トラベルセット用ポーチ、ミニミラー、ヘアブラシ、フェイスタオル)は持ち帰り可、宿泊者しか買えない限定グッズがムーミンバレーパークで購入でき、ここでしか手に入らないムーミンバレーパークからの贈り物(ブランケット、ポーチ、パスケース、アルミボトル)がもらえる等。

■星野リゾートは、旧刑務所を改修し「監獄ホテル」を開業する。
国の重要文化財で明治政府が造った「五大監獄」で唯一全体が現存する「旧奈良監獄」を改修してオープンさせる計画で、耐震工事などを施し、客室数を数十室前後に抑えた小規模の高級ホテルの2021年の開業を目指す。
同施設は、2017年12月に、所有権を国に残したまま運営権を民間に売却する「コンセッション方式」で、運営会社が他社に決まっていたが、費用面などから撤退、今年1月に新たに運営会社を公募し、星野リゾートがホテル運営を担うこととなった。旧奈良監獄のデザインを生かしながら、独居房を客室に変える。旧奈良監獄は5つの棟があり、そのうち4つをホテルにするという。

■ダイワロイヤルホテルD-CITY名古屋伏見(名古屋市中区)がオープンした。
大和ハウスグループでホテル運営を手がける大和リゾートが、すべてのフロアに「竹」のデザインを採用した新しいホテル。
地上14階建てで全233室。訪日外国人を意識し、「和」をテーマにデザイン。ホテル入り口やロビーの横には60本ほどの本物の竹を設置して竹林を再現したほか、浴場に竹の装飾をほどこした。全室がベッドの洋室だが、「土足厳禁」として宿泊者に靴を脱いでもらい、日本文化を体験できるようにしたという。

■(仮称)ホテルビスタ松山(愛媛県松山市)が2020年夏に開業する。
同ホテルの四国進出は初めてで、開業時すれば同社20カ所目のホテルとなる予定。伊予電鉄「大街道」電停から徒歩1分の立地。大街道商店街に近く、松山空港と市内を結ぶリムジンバス乗り場が目前にある。地上12階建てで、延べ床面積は約4,000平方m、客室は140室を予定。客室はバスルーム、トイレ、洗面台をそれぞれ独立して設置するのが特徴。最上階には松山城や国の重要文化財「萬翠荘」を望む特別室を設置する。

■メルキュール京都ステーション(京都市下京区)が2020年春に開業する。
JR京都駅より徒歩4分に位置する地上10階地下1階建て、全225室のミッドスケールホテル。
フランス・アコーをオペレーターとし、フランスならではのスタイリッシュな空間に、京都の「平安京、貴族の遊び」をテーマにした和のモチーフがさりげなく取り入れられたデザインで、「心躍るような楽しい京都」を発見できる特別な滞在を提供する。シングル、ツインの構成からなる客室のほか、ロビーに隣接したライブキッチン形式のビストロレストランとバー、最新技術を駆使したカラフルなデジタルアートやライブラリーを併設したラウンジスペースが地下に完備されており、観光からビジネス等、国内外から訪れる幅広いゲスト層に楽しんでもらえる贅沢な空間となる。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 00:27| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

ベッド周りのインテリア(ホテル仕様)を1台1個1枚からお届けしているサイトが発信する最新ニュースまとめ

■奈良ホテル(奈良県奈良市)と牛乳石鹼がコラボした石鹸が登場した。
同ホテル「110 周年アニバーサリーイヤー」の記念品として、創業年が同じ牛乳石鹼共進社とコラボし、ロングセラー商品 牛乳石鹼「カウブランド赤箱」をデザインした「110 周年記念・限定パッケージ赤箱」を制作。宿泊客をはじめ限定プラン利用のお客に進呈する。
赤箱のイメージはそのままに、表面の"牛" のイラストを、奈良を象徴する"鹿"に変更したユニークなパッケージ。また、ホテル内でコラボ赤箱と撮った写真に専用ハッシュタグをつけてシェアすれば抽選で景品が当たる「インスタグラム・フォトキャンペーン」も同時開催。

■イビススタイルズ名古屋(名古屋市中村区)が2020年夏に開業する。
JR名古屋駅より徒歩9分に位置し、地上13階地下1階建て、全284室のホテルで、スタイリッシュなデザインが特徴のミレニアル世代をターゲットとしたホテル。機能性を重視した設計の客室は、最新のブランドスタンダードに沿ったポップなカラーとデスク周辺にあるクリエイティビティが遊び心を感じさせるデザイン。
気軽に楽しめるカフェや、熱気あるフードマーケットを連想させる開放的なダイニングのほか、「無人チェックイン」や「カフェチェックイン」などイビススタイルズならではの最新仕様の設備を導入し、スムーズでストレスフリーな旅を実現する。

■ドキュメンタリー「カーライル ニューヨークが恋したホテル(Always at the Carlyle)」が8月9日より公開される。
英国王室や歴代大統領、数々の映画スターが愛するニューヨークの5つ星ホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」を描いた、世界初の5つ星ホテルドキュメンタリー。同ホテルは、世界中のセレブたちが愛し、名だたるスターたちが幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説のクラシックホテル。監督はマシュー・ミーレ―で、4年間に渡り、自ら同ホテルに通い詰め、その情熱が数々のビッグネームを本作出演へと導いた。ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ監督、ウェス・アンダーソン監督、ハリソン・フォードをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を伝え、セレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちからは究極のおもてなしが明らかにされる。

■ヒルトン札幌パークホテル(札幌市中央区)が2023年に開業する。
グランビスタホテル&リゾートとヒルトンが、現在計画中の「札幌パークホテル」の建替事業に際し、フランチャイズ契約を締結いたしたもので、運営は、グランビスタ ホテル&リゾートが引き続き行う。ヒルトンにとっては、北海道でヒルトンニセコビレッジに続く、2軒目のホテルとなる。
中島公園に隣接し、札幌の中心部にも近く、主要なビジネス街、ショッピング街、北日本最大の歓楽街すすきのから徒歩圏内という便利なロケーション。
札幌を訪れる外国人観光客はアジアからのお客を中心に過去最多を更新。2030年には北海道新幹線の札幌延伸、冬季オリンピック誘致に名乗りを上げるなど、観光・MICE需要において国内外で注目されている。同ホテルは、札幌パークホテルの歴史を継承しつつ、今後はヒルトンブランドとして、よりグローバルなサービスの提供とヒルトンのセールスネットワークを活用していく。

■リーガロイヤルホテル(大阪市北区)は、メインロビーを改装する。
12年ぶりの改装で、昭和48年の同ホテル新館(現タワーウイング)オープン当時の意匠を復活させる。大阪市で開かれる20カ国・地域(Q20)首脳会議(サミット)が近付いており、完成は、サミット目前の6月初旬。他のホテルにない歴史と伝統をPRする。また、同ホテルでは、サービス向上のため、昨年11月にプロジェクトチームを設置。今年2月からは社員の3割に当たる約300人が語学研修に取り組んでいるという。

■ホテルバリタワー天王寺(大阪市天王寺区)では「新元号名前チャンス」を開催している。
新元号の漢字が付いた名前の人に特典を進呈するキャンペーンで、姓か名に2文字が含まれていれば2泊目無料(A賞)、姓か名にどちらか1文字でも含まれていれば宿泊料金から20%割引きになる(B賞)というもの。4月30日までの期間限定。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 02:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする