2019年01月22日

ホテル旅館のベッドやベッドカバーを販売しているサイトが今週クリップした業界ニュースはこれ

■星野リゾート青森屋(青森県三沢市)に4月17日、青森ねぶた祭をテーマにした客室「青森ねぶたの間」が登場する。
玄関に入った瞬間からねぶた絵を見ることができる部屋で、勇壮な立体ねぶたが構える主室、寝転がってもねぶた絵が見える寝室で、客室でありながら眠れないくらいの迫力を感じられる。
もともと同ホテルは「のれそれ(青森の方言で目一杯という意味)青森〜ひとものがたり〜」をコンセプトに、祭りや方言、食など青森の文化を満喫できる宿を目指している。今回は、食事や温泉だけではなく、客室で過ごす時間も忘れられないものとなるように、青森の文化を象徴する「ねぶた」をテーマにした。
客室のねぶたの全体テーマは「古代東北の歴史」。東北の地で語り継がれる3人の英雄の伝説を題材にした。寝室の天井にあるねぶた絵は、見る体勢によって見えるものが異なるという。廊下は「青森ねぶたの間」の宿泊客が跳人(はねと)になりきり、祭りに参加している気分になってもらうため、跳ねられる廊下とした。玄関から主室に続く廊下の床には、跳人の足跡が付いており、それに合わせて進むと、自然とステップを踏めるようになっているという。予約受付は2月1日より。

■サンルートプラザ東京(千葉県浦安市)は10月1日より、「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」と改称する。
1986年7月20日の開業から33年間にわたるサンルートホテルチェーンとの加盟契約を終了するためで、東京ベイ舞浜ホテルのグループブランドホテルとしてリブランドする。リブランド後のサービスコンセプトは「Fun & Dream(楽しさと夢の空間)」、キャッチフレーズは「おもてなしのファンタスティック・ステージ」。
リブランドにより、同ホテルは「東京ベイ舞浜ホテル(2007年3月開業)」「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート(2010年10月リブランド)」に続く3つ目のグループブランドホテルとなり、6つある東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの半数を占めることになる。
同ホテルでは、今回のリブランドを見据え、多様化する宿泊ニーズに対応するため、既に進めていた客室のリノベーションを今春に完了。合わせて、レストランや宴会場、婚礼施設も計画的に改装を行ってきたという。

■永平寺 親禅の宿 柏樹關(福井県吉田郡)が7月26日に開業する。
同施設は、大本山永平寺と福井県、永平寺町の3者が協力連携して推進する「永平寺門前の再構築プロジェクト」の一環として、修行道場・永平寺が準聖域とする門前に建築するもの。「旅館と宿坊の中間に位置する施設」をコンセプトに、座禅など禅の世界を快適な環境で体験できる施設を目指す。
建物には、永平寺の敷地内から切り出した「永平寺杉」を使用し、全18室の和洋室・大浴場・レストラン・売店などを完備。レストランでは永平寺が監修した精進料理を提供するほか、施設内には「禅コンシェルジュ」が常駐、宿泊客の禅に関する知識習得や体験をサポートする。

■東京ドームホテル(都内文京区)の6階バー「2000」では2月1日より、「宇宙カクテル」を販売する。
全4種類からなる「宇宙カクテル」は、星空や白い星などを表現した神秘的な見た目の甘いカクテル。真っ赤なフランボワーズを飾った「コスモベリー」は、チョコレートリキュールを使用したスイーツの様なカクテル。チョコレートの甘さにフランボワーズの甘酸っぱさが相性抜群の1杯。星空をイメージした「スターパーティ」は、青いハーブティーとウォッカ、ライチリキュールがベース。提供時に色が変化していく見た目にも楽しい演出がある不思議なカクテルとなっている。白い星をイメージした「エトワールブランシュ」は、ホワイトチョコレートリキュールと栗のリキュールを使いまろやかな味わいに。また、ノンアルコールカクテル「スノームーン」は、ベースにメロンやアップルジュースを使用。そこに、生クリームやアイスクリームを加え、さっぱりした中にコクがある味わい深いドリンクに仕上げた。
また、東京ドームシティ内の宇宙ミュージアム「テンキュー(TeNQ)」では、バレンタインデー&ホワイトデーイベント「LOVE with TeNQ 2019」を開催。16時以降から入場できるナイトペアチケットと、宇宙カクテル2種類がセットになったペアチケットが限定で販売される。

■由布岳一望 美星(大分県由布市)がグランドリニューアルオープンした。
全室陶器の個室露天風呂を備えた客室で、好きな時間に、美肌の湯を全身で味わえる。湯布院の小高い丘に建ち、お風呂からは絶景の由布岳を眺めながらくつろげる。ベッドには当サイト掲載のホテルベッドが導入され、寝具にはデュベを用いたスタイルとし、和モダンの雰囲気漂う客室とした。リニューアルオープン特別記念として、冬の旬&贅を尽くした創作懐石プランを提供している。

■ベッセルホテルは、18歳以下の子供との添い寝を無料にする。
対象となるのは、全国のベッセルホテル、ベッセルイン、ベッセルホテルカンパーナを含む計21軒のホテルで、3月1日以降宿泊分で、全宿泊施設で、両親か祖父母と同室での添い寝の場合に限り、18歳以下の子供との添い寝を無料にする。朝食は12歳以下は無料、ベッセルホテルのみ18歳以下も無料となる。子供の人数には制限ない。18歳以下との添い寝無料は、全国のホテルチェーンとして初めてだという。3月23日から4月7日までの宿泊分を対象に特別プランを設定する。



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 12:34| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。