2019年10月21日

知っておくべき業界ニュース 〜 ホテル・旅館・観光・宿泊業界

■ユーチューバー限定で高級ホテルを丸々貸し切ることができる特別プラン「高級ホテル貸し切ってみたプラン」が発売された。
温故知新が手掛けるもので、対象ホテルを特別料金で貸切り、自由に撮影できるというプラン。
同プランを利用したユーチューバーは、宿泊した際の様子を撮影し、自身のチャンネルで動画をアップすることができる。さらに、撮影内容は、事前に相談すれば基本的にどんな動画をアップしても良いので、ユーチューバーそれぞれの個性が表現できるプラン。対象ホテルは、「瀬戸内リトリート青凪」「海里村上」「箱根リトリート villa 1/f」「箱根リトリート fore」の4施設。

■プチホテル伊豆シャボテンヴィレッジ(静岡県伊東市)がオープンした。
「伊豆シャボテン動物公園」が、開園60周年を記念しオフィシャルホテルとしてオープンさせたもので、「伊豆シャボテン動物公園」へ徒歩0分という立地。
モダンでシックな部屋から、オープン記念としてつくられた伊豆シャボテン動物公園ルーム、さらには海賊ルームなど、他にはない個性的な客室が魅力。さらに、「伊豆シャボテン動物公園」の入園券が付いた宿泊プランも用意されている。
食事は、今春オープンしたレストラン「La Chic」で、自家菜園や契約農家、契約市場などから仕入れた食材をメインに使用したこだわりの料理を堪能することができる。
宿泊前に遊んだ人も、宿泊後に遊びに行く人も、時間を気にせず楽しく過ごせるホテル。

■サウジアラビアで、外国人の未婚のカップルがホテルの同じ部屋に宿泊することが可能になった。
これまで未婚の男女が同じ部屋に泊まる場合、結婚証明書の提示が義務付けられていたが、このたび、外国人の未婚のカップルについては、同じ部屋に宿泊できる様になった。同国が、外国からの観光客受け入れに積極姿勢を示し始めた現れでもある。サウジ国民には今後も規制が適用されるが、外国から訪れたカップルが今回対象外となった。
新たな規則では、外国人女性が1人でホテルの部屋を取ることも可能になった。ただし、慎み深い服装を求める規定には変わりがないという。これまでは、45歳未満の女性は外国人でも単独の旅行が許されず、男性親族などの同伴が必要だった。
同国は最近、観光ビザを新たに導入するなど、外国からの観光客を歓迎する政策に乗り出しており、国内外からの旅行者を2030年までに年間1億人に増やし、観光収入をGDPの10%まで引き上げることを目指しているという。

■ほてる木の芽坂(新潟県南魚沼市)では「雪国の昭和レトロ部屋宿泊プラン」を販売している。
昭和のアイドルのポスターやレコード、レトロなゲームソフトなどを集めた企画展で、鑑賞だけでなく、展示物に触れたり、レコードを聴いたりできる。昭和情緒漂う客室を生かし、ホテルの誘客にもつなげようと企画した。1950年代から現在までを、五つの部屋に区切り、約1万5千点を並べた。往年のアイドルのポスターやレコード、アニメのセル画、歴代戦隊ヒーロー物のフィギュア、90年代に流行したミニ四駆など、幅広い年代の心に刺さる品物が並ぶ。

■ウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)は11月27日より、順次リニューアルオープンする。
同ホテルでは現在、創業130年の節目を迎える2020年春に向け、大規模リニューアル工事を実施しており、今回リニューアルオープンする部分は、既に先行オープンしている東館92室に続くもので、客室161室(東館55室、本館106室)、レストラン4店舗、バー1店舗。
ホテル全体のリニューアルデザインコンセプトは、「気品ある女王」として国内外にその名を轟かせたいという想いを込め、「Queen of Elegance(クイーン オブ エレガンス)」とした。館内は、日本を代表する建築家、村野藤吾氏の優美さや曲線美を継承するとともに、新しい時代にふさわしい設えやサービスを加え、ラグジュアリー層に向けて訴求する。東館の客室では、京都の夏の風物詩「川床」をイメージしたカーペットや梅の花を模したスツールなど、日本らしさ、京都らしさが感じられるデザインを採用。本館の客室では、これまでの2室を1室とし、平均客室面積を約35平方mから約50平方mへと拡大したスイートルームが中心となる。レストラン・バーでは、オールデイダイニング 「洛空」、ティーラウンジ「MAYFAIR」、バー「麓座」 を11月27日にリニューアルオープンする。

■BEB5 土浦(茨城県土浦市)が来春開業する。
星野リゾートが運営するもので、JR土浦駅直結の日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA(プレイアトレ土浦)」にオープンする。
「PLAYatre TSUCHIURA」は、JR土浦駅の駅ビル「ペルチ土浦」のコンバージョンで、茨城県が設置、アトレが指定管理者として管理運営を行なう、全長約180kmのサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の拠点となる施設で、来年3月19日のグランドオープンのタイミングで同ホテルが開業する。「BEB」は、「星のや」「リゾナーレ」「界」「OMO」に続く、星野リゾートの5つ目のブランドで、「BEB5 軽井沢」に続く2軒目の「BEB」ブランドホテルとなる。

posted by dream at 00:16| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。