2019年11月04日

業界のニュースをご家庭にもお届け

■ホテルオークラ東京ベイ(千葉県浦安市)では、ウィンターイルミネーション「Bayside Special Party」を開催している。
イルミネーションは「シャンパンゲート」「輝きの馬車」「アニバーサリーケーキ」の3つのフォトスポットで構成され、ホテルに足を踏み入れたパーティーの主人公であるお客を「特別な1日」に誘う。デザインコンセプトは「Bayside Special Party」。お客自身が、パーティーの主人公となり、シャンパンの泡のきらめきをイメージした門柱から並木道を通り抜けると、正面玄関前には実際に乗車して記念撮影できる輝きの馬車が、また中庭には特大アニバーサリーケーキが、それぞれライトアップされている。点灯期間は来年2月29日まで。

■星野リゾート リゾナーレ小浜島(沖縄県八重山郡)が来年4月20日にオープンする。
「ホテルニラカナイ小浜島」をリブランドオープンさせるもので、全60室のプライベートヴィラに広大なビーチを備えたリゾートホテル。プライベート感のあるビーチを中心に、恵まれた環境を満喫できるよう、シュノーケリングや砂浜での星空観賞など、多数の仕掛けを用意。白砂のビーチと蒼い海のそばで望むままに過ごす、上質なリゾート滞在を提供するという。
星野リゾートの施設としては、「星のや竹富島」「西表島ホテル」に続き、八重山諸島では3軒目の施設となる。

■ランドーレジデンシャルホテル京都スイーツ(京都市南区)が開業した。
京都エリア2棟目となる。これまで京都・福岡・札幌でインバウンド向け長期滞在型ホテルを開発。ホテル内にはレストランを設けず宿泊特化型とすることで、地域経済に好循環をもたらし活性化に繋げる取り組みも行っている。
客室は、5名以上のグループで長期滞在する訪日外国人をメインターゲットとし、全60室の客室はすべてスイートルーム仕様で、5名用〜8名用の大人数で利用できる客室構成が特徴。「暮らすように泊まる」をコンセプトに、キッチンや冷蔵庫、洗濯機、リビング・ダイニングスペースを全室に完備した。
また最上階には、京都の景色を眺望できるテラスと、客室に露天風呂を備えるなど、長期滞在利用者のニーズに対応した部屋作りにこだわった。また、100%全客室のバリアフリー化に積極的に取り組み、一般客室をバリアフリールームに近い仕様とし、車いす利用者だけでなく、高齢者にとっても安全で快適に過ごせる空間作りを実現した。

■Hotel Mei(メイ)(福岡市中央区)が11月17日にオープンする。
ホテル名の「Mei」は漢字の「明」を元に、地元の人達と共に独自のカルチャーを創り発信していくことで新しく進化していく町に、明かりを灯せる存在になれたらと願い命名したという。
客室は7パターン、51室。最上階「Mei Penthouse」には、ルーフバルコニー付きで計137平方mの特別空間も有し、宿泊だけでなくパーティーなど贅沢な時間を演出できる場所としても利用可能。地元企業との連携をはかり、インバウンドも増え続ける福岡の発展に寄与する施設を目指す。

■USスクールバスビレッジ(滋賀県大津市)が開業した。
アメリカで実際に使われたスクールバスをホテルに改造したもので、米スクールバスを使った宿泊施設が日本で旅館業法の営業許可を得たのは初めてだという。
スクールバスは米・カリフォルニアから輸入し、コンセプトは「アメリカ体験」。車内にはベッド2台、浴槽・シャワー付きのバスルーム、トイレ、簡易冷蔵庫を備える。このほか、大型キャンピングカーを設置して宿泊施設を構成する。SNSで試泊体験を募集するなど、ユニークな施設としてPRするととともに、車両を活用した教育や地域のイベントも企画したい考え。今後は、走行可能なキャンピングカー使用のスクールバスも導入し、貸し出すプランも始めるという。

■米・旅行雑誌「Travel + Leisure」は「世界のホテルトップ100」を発表した。
さまざまな国で旅行経験が豊富な同誌の読者が、その地域や客室・設備、食事、サービスなど複数の視点から総合的に評価するもので、1位となったのは、インドの「ザ リーラ パレス ウダイプール」で、インドのピチョーラー湖沿いのホテル。湖の素晴らしい景色のほか、ホテル全体がサービス志向で魅力にあふれているとの高評価を得た。また、あわせて発表された「ホテルブランドトップ25」で1位を獲得したのは「シックスセンシズ ホテル リゾート スパ」。また日本の東京地区のランキングで1位となったのはリッツ・カールトンホテル東京、次いでシャングリ・ラ ホテル 東京、パレスホテル東京と続いた。

posted by dream at 17:49| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。