2019年04月09日

ホテルのインテリアをホテルにもご家庭にも _ 業界ニュース

■新宿ワシントンホテル(都内新宿区)では、お客の名前に新元号「令和」の漢字が入っていれば割引きする「祝!新元号制定記念キャンペーン」を開催している。
名前に新元号と同じ漢字が多いほど得になるキャンペーンで、直営レストラン2店舗のどちらかを利用したお客が対象。予約者の氏名に新元号「令和」の漢字が多く含まれる程、割引率が高くなり、氏名(フルネーム)の中に1文字一致の場合10%OFF、2文字一致の場合は20%OFF。5月31日まで。

■富士スピードウェイに米・ハイアットが進出する。
2022年度に開業の予定で、ホテルのブランド名は日本初となる「アンバウンド コレクション by Hyatt」。ホテル名は未定。45平方m以上の客室が約120室。温泉や室内プール、フィットネスに加えて会議室や宴会場も備える。過去のレーシングカーを展示し、富士スピードウェイの歴史を伝えるミュージアムも併設するという。ホテルの近くでは2020年度に新東名高速の小山パーキングエリアが開業し、スマートインターチェンジが設けられる。近隣では、2021年に、宿泊・飲食施設やレース車両のガレージを備えた「モータースポーツビレッジ」(仮称)の開業も計画されている。

■ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん(長野県大町市)が2020年春に開業する。
「くろよんロイヤルホテル」が、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループとしてリニューアルオープンするもので、有名ブランドの導入で外国人観光客などを取り込む狙い。改装のため今年9月に一度営業を終了する。改装後にはフィットネス施設を新たに設けるほか、トレッキングなどのアクティビティーや観光施設の案内をするカウンターも設ける。子どもを預ける施設も新設する。2021年春にはホテル隣接地に新館を設け、30室を増室。計103室となる。同ホテルは、インバウンドの人気が高い「立山黒部アルペンルート」の長野県側の入り口の近くに立地。同市に隣接し、外国人スキーヤーが急増する白馬村では2018年冬に米マリオット・インターナショナルが進出している。

■エルイン京都(京都市南区)が「ホテルエルシエント京都」としてリブランドオープンした。
コンセプトは、「泊まればもっと、その"まち"を好きになる」。ホテルスタッフ一人ひとりによる「おすすめ地元京都」の情報発信や、「京都ならではのお土産品」の販売など、京都という「まち」を身近に感じ、好きになってもらうための新しいサービスを開始した。
新サービスのうち、「KOKOIKO!(ここいこ)情報」では、ホテルスタッフ一人ひとりが「おすすめしたい!」と思ったホテル周辺の商品や店舗などの情報を、ホテル滞在者向けWEBガイドブックを通じて提供する。ロビーに設置した大きな地図「DOKOIKO!(どこいこ)マップ」では、桜の開花状況など季節に応じたコンテンツのほか、各地の見所をホテルスタッフのコメントを添えて紹介。「MACHI(まち)みやげ」では、ホテルスタッフがひとつひとつに思いを込めて選びぬいた「ご当地土産」を販売する。さらに「夜のあったかSO-MEN(そうめん)」では、夜の時間限定でホテルオリジナルのカップそうめんをロビーで無料配布する。

■ザ・リッツ・カールトンが福岡に進出する。
24階建て(110m)の高層ビルを核とした複合施設が2022年12月ごろに全面開業する。計画によると、ホテル・オフィス棟のほかに、賃貸マンションや公民館が入るコミュニティー棟(18階建て)、広場(約3千平方m)、イベントホールなどを整備する。
ホテルは、ホテル・オフィス棟の高層部を占める全147室を50平方m以上の広さにする。リッツ・カールトンの進出は国内で7カ所目。1〜2階は商業フロアで、日本初進出の店舗を誘致するという。

■マスタードホテルアサクサ2(都内台東区)が5月1日に開業する。
「渋谷」「浅草1」に続く3号店となる。ホステル・ホテル融合型の宿泊施設として、ミニマルで清潔な空間で、ゲストに快適な宿泊環境を提供する。2階の大浴場は、準天然温泉「光明神々温泉」を採用。"光明石"を入れたお湯は無色無臭で湯質が軟らかく、肩こりや腰痛の解消、疲労回復など様々な効果に期待できるという。1階にはカレー居酒屋「TRIANGLE CURRY」のカレーライスと「GARDEN HOUSE CRAFTS」の焼きたてパン、「Megan - bar&patisserie」のデリフードを用意。ドリンクは日本のクラフトビールや日本酒をセレクトし、宿泊ゲストだけでなく、一般のゲストも利用することが可能。さらに、同フロアは定期開催予定のイベント「CREATORS IN MUSTARD」開催の際は、ギャラリースペースとして活用。ファッションやアート作品の展示を通して、カルチャー発信の場を展開していく。宿泊ゲストには、レンタル浴衣をはじめ、周辺散策に便利なレンタルバイクのサービスも有り。
━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 00:11| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

ホテル旅館業界_最新情報_ホテル備品販売(ホテルの客室インテリアを具現化するサイト)によるニュースまとめ

■フェアフィールド・バイ・マリオネットが奈良に進出する。
奈良県が計画中の「(仮称)国際芸術家村」の宿泊事業者として選定した積水ハウスを代表とする企業グループが、ロードサイド型のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」を展開する計画。ホテルの規模は5階建て、客室数101室を想定。宿泊客には敷地内に整備される道の駅やレストランなどの利用やイベント参加など、連携を図り、滞在型の観光地需要を掘り起こしたい考え。

■ホテルマロウドインチェーンでは、「ムーミンスペシャルルームプラン」を販売している。
同ホテルチェーンは、今春オープンしたムーミンバレーパークの公認ホテルとなっており、スペシャルルームは、室内がムーミン達で飾られ、ムーミンの世界観を味わえる。また、特典として、ムーミンバレーパークの入園チケット引換券が付き、オリジナルルームアメニティ(スリッパ、不織布バック、トラベルセット用ポーチ、ミニミラー、ヘアブラシ、フェイスタオル)は持ち帰り可、宿泊者しか買えない限定グッズがムーミンバレーパークで購入でき、ここでしか手に入らないムーミンバレーパークからの贈り物(ブランケット、ポーチ、パスケース、アルミボトル)がもらえる等。

■星野リゾートは、旧刑務所を改修し「監獄ホテル」を開業する。
国の重要文化財で明治政府が造った「五大監獄」で唯一全体が現存する「旧奈良監獄」を改修してオープンさせる計画で、耐震工事などを施し、客室数を数十室前後に抑えた小規模の高級ホテルの2021年の開業を目指す。
同施設は、2017年12月に、所有権を国に残したまま運営権を民間に売却する「コンセッション方式」で、運営会社が他社に決まっていたが、費用面などから撤退、今年1月に新たに運営会社を公募し、星野リゾートがホテル運営を担うこととなった。旧奈良監獄のデザインを生かしながら、独居房を客室に変える。旧奈良監獄は5つの棟があり、そのうち4つをホテルにするという。

■ダイワロイヤルホテルD-CITY名古屋伏見(名古屋市中区)がオープンした。
大和ハウスグループでホテル運営を手がける大和リゾートが、すべてのフロアに「竹」のデザインを採用した新しいホテル。
地上14階建てで全233室。訪日外国人を意識し、「和」をテーマにデザイン。ホテル入り口やロビーの横には60本ほどの本物の竹を設置して竹林を再現したほか、浴場に竹の装飾をほどこした。全室がベッドの洋室だが、「土足厳禁」として宿泊者に靴を脱いでもらい、日本文化を体験できるようにしたという。

■(仮称)ホテルビスタ松山(愛媛県松山市)が2020年夏に開業する。
同ホテルの四国進出は初めてで、開業時すれば同社20カ所目のホテルとなる予定。伊予電鉄「大街道」電停から徒歩1分の立地。大街道商店街に近く、松山空港と市内を結ぶリムジンバス乗り場が目前にある。地上12階建てで、延べ床面積は約4,000平方m、客室は140室を予定。客室はバスルーム、トイレ、洗面台をそれぞれ独立して設置するのが特徴。最上階には松山城や国の重要文化財「萬翠荘」を望む特別室を設置する。

■メルキュール京都ステーション(京都市下京区)が2020年春に開業する。
JR京都駅より徒歩4分に位置する地上10階地下1階建て、全225室のミッドスケールホテル。
フランス・アコーをオペレーターとし、フランスならではのスタイリッシュな空間に、京都の「平安京、貴族の遊び」をテーマにした和のモチーフがさりげなく取り入れられたデザインで、「心躍るような楽しい京都」を発見できる特別な滞在を提供する。シングル、ツインの構成からなる客室のほか、ロビーに隣接したライブキッチン形式のビストロレストランとバー、最新技術を駆使したカラフルなデジタルアートやライブラリーを併設したラウンジスペースが地下に完備されており、観光からビジネス等、国内外から訪れる幅広いゲスト層に楽しんでもらえる贅沢な空間となる。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 00:27| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

ベッド周りのインテリア(ホテル仕様)を1台1個1枚からお届けしているサイトが発信する最新ニュースまとめ

■奈良ホテル(奈良県奈良市)と牛乳石鹼がコラボした石鹸が登場した。
同ホテル「110 周年アニバーサリーイヤー」の記念品として、創業年が同じ牛乳石鹼共進社とコラボし、ロングセラー商品 牛乳石鹼「カウブランド赤箱」をデザインした「110 周年記念・限定パッケージ赤箱」を制作。宿泊客をはじめ限定プラン利用のお客に進呈する。
赤箱のイメージはそのままに、表面の"牛" のイラストを、奈良を象徴する"鹿"に変更したユニークなパッケージ。また、ホテル内でコラボ赤箱と撮った写真に専用ハッシュタグをつけてシェアすれば抽選で景品が当たる「インスタグラム・フォトキャンペーン」も同時開催。

■イビススタイルズ名古屋(名古屋市中村区)が2020年夏に開業する。
JR名古屋駅より徒歩9分に位置し、地上13階地下1階建て、全284室のホテルで、スタイリッシュなデザインが特徴のミレニアル世代をターゲットとしたホテル。機能性を重視した設計の客室は、最新のブランドスタンダードに沿ったポップなカラーとデスク周辺にあるクリエイティビティが遊び心を感じさせるデザイン。
気軽に楽しめるカフェや、熱気あるフードマーケットを連想させる開放的なダイニングのほか、「無人チェックイン」や「カフェチェックイン」などイビススタイルズならではの最新仕様の設備を導入し、スムーズでストレスフリーな旅を実現する。

■ドキュメンタリー「カーライル ニューヨークが恋したホテル(Always at the Carlyle)」が8月9日より公開される。
英国王室や歴代大統領、数々の映画スターが愛するニューヨークの5つ星ホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」を描いた、世界初の5つ星ホテルドキュメンタリー。同ホテルは、世界中のセレブたちが愛し、名だたるスターたちが幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説のクラシックホテル。監督はマシュー・ミーレ―で、4年間に渡り、自ら同ホテルに通い詰め、その情熱が数々のビッグネームを本作出演へと導いた。ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ監督、ウェス・アンダーソン監督、ハリソン・フォードをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を伝え、セレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちからは究極のおもてなしが明らかにされる。

■ヒルトン札幌パークホテル(札幌市中央区)が2023年に開業する。
グランビスタホテル&リゾートとヒルトンが、現在計画中の「札幌パークホテル」の建替事業に際し、フランチャイズ契約を締結いたしたもので、運営は、グランビスタ ホテル&リゾートが引き続き行う。ヒルトンにとっては、北海道でヒルトンニセコビレッジに続く、2軒目のホテルとなる。
中島公園に隣接し、札幌の中心部にも近く、主要なビジネス街、ショッピング街、北日本最大の歓楽街すすきのから徒歩圏内という便利なロケーション。
札幌を訪れる外国人観光客はアジアからのお客を中心に過去最多を更新。2030年には北海道新幹線の札幌延伸、冬季オリンピック誘致に名乗りを上げるなど、観光・MICE需要において国内外で注目されている。同ホテルは、札幌パークホテルの歴史を継承しつつ、今後はヒルトンブランドとして、よりグローバルなサービスの提供とヒルトンのセールスネットワークを活用していく。

■リーガロイヤルホテル(大阪市北区)は、メインロビーを改装する。
12年ぶりの改装で、昭和48年の同ホテル新館(現タワーウイング)オープン当時の意匠を復活させる。大阪市で開かれる20カ国・地域(Q20)首脳会議(サミット)が近付いており、完成は、サミット目前の6月初旬。他のホテルにない歴史と伝統をPRする。また、同ホテルでは、サービス向上のため、昨年11月にプロジェクトチームを設置。今年2月からは社員の3割に当たる約300人が語学研修に取り組んでいるという。

■ホテルバリタワー天王寺(大阪市天王寺区)では「新元号名前チャンス」を開催している。
新元号の漢字が付いた名前の人に特典を進呈するキャンペーンで、姓か名に2文字が含まれていれば2泊目無料(A賞)、姓か名にどちらか1文字でも含まれていれば宿泊料金から20%割引きになる(B賞)というもの。4月30日までの期間限定。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 02:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

インテリア商品_大手ホテル採用_を、ホテル旅館向けだけでなく個人邸向けにも1台1枚からお届けするサイトが発信する宿泊業界の要注目ニュース

■「THE BLOSSOM HIBIYA(都内港区)」が8月20日、また「THE BLOSSOM HAKATA Premier(福岡市博多区)」が今秋、開業する。
「THE BLOSSOM」は、九州旅客鉄道・JR九州ホテルズの新ホテルブランドで、宿泊主体型ホテルの最上位ブランドとして位置づけられ、日本、地域の歴史・文化などをホテルのデザインに反映させるとともに、ここにしかないおもてなしで国内外のお客を迎え、地域の人にも愛されるホテルブランドを目指す。
ブランドコンセプトは「この旅に、この地にひらく感動の花を。」 ロゴマークは、いつまでも成長を続けるホテルのイメージを空に向かって上へ上へと伸び、開きゆく花として表現。花の下に描かれた弧には、ホテルが根ざす地域の大地をイメージし、花びらの異なるサイズや形は、地域の特徴や個性を大切にしていく意志を表しているという。

■JR西日本ホテルズの新規ブランド、ホテルヴィスキオが広島に進出する。
広島駅ビルの建替え計画によるもので、JR西日本グループでは今後、広島駅橋上・高架下施設「ekie(エキエ)」や新幹線コンコースの整備に続き、2025年春の開業を目指し、駅ビルの建替え計画を推進していく。商業施設では、店舗面積約2万5,000平方mのショッピングセンターとシネマコンプレックスを計画。ホテルは400室規模を計画しており、駅北の既存のホテルグランヴィア広島とあわせ、国内外から訪れる人々の多様なニーズに対応し、洗練されたデザインのホテルを目指すという。

■ホテル椿山荘東京(都内文京区)に4月8日、「辻利兵衛本店」とコラボした「Premium 宇治茶アフタヌーンティー」が登場する。
庭園の眺望を活かしたロビーラウンジ「ル・ ジャルダン」で、1860年創業の京都・宇治「辻利兵衛本店」とコラボした企画。
辻利兵衛本店の6代目 辻伸介氏が監修したレシピを元に、新緑の季節にぴったりのお茶の苦味や香りが楽しめるアフタヌーンティーが登場。東京に店舗を持たない「辻利兵衛本店」の宇治茶スイーツが東京で楽しめる。
アフタヌーンティーで楽しむのは紅茶というイメージが一般的には浸透しているが、今回はスイーツに合わせた宇治茶を3種類を提供。アントシアニンが豊富に含まれレモンを絞ると色がピンク色に変わる「紫茶」や、約200度で茶葉を焙煎し、カフェインがとばされ香ばしさとすっきりとした味わいが楽しめる「焙じ茶(甘露火)」、「玉露茎茶(雁ヶ音)」などお茶とアフタヌーンティーの新しい組み合わせを楽しむことができる。5月31日まで。

■ホテル阪急レスパイア大阪(大阪市北区)が今年11月に開業を予定している。
阪急阪神ホテルズが、JR大阪駅北口で建設が進む「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に出店するホテルで、同ブランドとしては第1号店となる。
同ビルは、家電量販店大手のヨドバシホールディングスが旗艦店の隣接地に建設中で、地上35階、地下4階建て。ホテルはこのうち9〜35階を占め、19〜60平方mの客室1,032室を設ける。全て2人以上で宿泊可能で、全室禁煙。
梅や田園、大阪城をモチーフにした客室を用意するほか、9階のロビーからは日本庭園が見渡せるなど、訪日客が好む和の雰囲気を演出する。宿泊主体の施設だが、約300平方mの宴会場1室、レストラン1軒、宿泊客が無料で使えるフィットネス施設も備える。宿泊代は1泊1室10,000円台後半を見込む。
「レスパイア(RESPIRE)」という名称には、心身を癒す「rest」と、感性を刺激し活力をもたらす「inspire」の意味が込められており、また、「RESPIRE」には「呼吸する」という意味もあり、訪れたお客がほっと一息つける癒しの場所であること、大きく息を吸い込むように明日へと旅立つ活力が得られる場所であること、の2つの価値を備えたホテルを目指す。今後、地方も含め観光都市に同ブランドの施設を展開する計画で、ビジネス客が中心の既存ブランド「レム」との棲み分けを図る。

■フランス・アルルに、15世紀築の貴族の大邸宅を改装したアートホテルがオープンした。
200万個のユカタンタイルが輝く「ホテルダルラタン」がそれで、ホテルの隣りはローマ時代の浴場跡。客室の壁に名残を残し、ブルー、イエローといったタイルが異国情緒を誘う。メキシコ在住のキューバ人アーティスト、ホルヘ・パルド氏は、床と天井を200万個のユカタンタイルのモザイクで覆い、ホテル内の木製ドアはすべて異なるレリーフ絵画。回廊に囲まれたホテルの中庭。ホテルのオーナー、マヤ・ホフマン氏が収集する20世紀家具を配置する。客室の家具も彼がデザインと制作を手掛けたという。アルルといえば、ゴッホの絵画やビゼーの戯曲のモデルとなった場所としてもよく知られるが、同ホテルも異色アーティストによる、創造的で芸術的タッチのデザインホテル。

■アートホテル青森(青森県青森市)がオープンした。
旧青森ワシントンホテルがリブランドオープンしたもので、客室は、スタンダードセミダブル・スタンダードダブル・スーペリアダブル・スタンダードキング・スタンダードツイン・ハリウッドツイン・スーペリアツイン・アクセシブルツイン・デラックスツインなど全228室(収容人数478名)。館内レストランについても、県産食材などを提供する1階レストラン「シャンゼリゼ」は「Aomori Bold Kitchen(アオモリボールドキッチン)」に、2階地酒・鍋料理「三十三間堂」は和食処「なごみ」に名称を変更した。その他、会議・宴会施設、特別会議室・VIPルームなどがある。



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 18:32| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

業界の最新ニュース 業界の最新ニュース ホテルのインテリアをご家庭向けにも1台1枚から - ホテル備品販売

■小田急グループは来年5月末、韓国・ソウルで「ホテルアンテルーム ソウル カロスキル」を開業する。
同グループが海外で直営ホテルを開業するのは中国・北京に続く2例目となる。
地上19階地下4階建てで、客室は112室。ファッションやカフェなど飲食店が立ち並ぶ人気スポットであるカロスキル地区に立地するという。ホテル施設には、絵画のギャラリーやレストラン、屋上には町並みを見渡すことが可能なバーを設ける。地元住民と観光客が交流できる仕組みを取り入れる。「アンテルーム」ブランドは、アートやカルチャーがテーマで、2011年に京都市に開いた「ホテルアンテルーム京都」が第1弾。来年は那覇市でも「ホテルアンテルーム那覇」の開業を予定している。

■都ホテル博多(福岡市博多区)が9月22日にオープンする。
現在JR博多駅筑紫口前で建設中の「近鉄博多ビル」に入居するもので、「ゆとり」「クオリティ」「デザイン」のすべてを満たしたホテルに対して福岡市が認定する「ハイクオリティホテル建設促進制度」の第1号ホテルとなる。
ホテルは、5階〜12階で、客室は、ツインルーム137室、ダブルルーム65室、テラス付特別ルーム6室の計208室。全ての客室面積を30平方m超とし、全室にゆとりある洗い場付バスルームを完備。最上階にはレストラン・バーや、天然温泉を利用した屋上スパを設置。プールやジェットバス、足湯のほか、内湯とサウナも完備。レストラン&バーでは、天井まで届くガラス張りの窓が開放的な印象を演出、朝食からランチ、ディナー、バータイムの営業を行う。

■アパホテルプライド国会議事堂前(都内千代田区)」が開業した。
同ホテル最上級プライドシリーズの第1弾となる。
ホテル1階には、レストラン「とれたて魚と野菜の小料理 KIGI(キギ)」が開業。
外装には世界初の全面断熱一体工法「APA ECO UNIT SYSTEM」を採用、風格を重んじた全面御影石張りとした。ホテル最上階17階には大浴場・露天風呂「玄要の湯」(準天然光明石の人工温泉)、国会議事堂や都心の夜景を一望できる展望テラスを設けた。客室は全室禁煙で、家具には高級感のある黒鏡面塗装やレザー張りを施し、照明付きガラス棚やデスクとベッドの間のデザインカーテン、オリジナルシャンデリアを設置するなど細部にもこだわった。また、新都市型ホテルの客室標準仕様に加え、全室50型以上の大型4K液晶テレビを設置したほか、「アパデジタルインフォメーションプラス」を導入、ホテルの館内案内をテレビ画面・客室設置の専用タブレットに集約表示した。さらに、日本の最新ニュース等を24時間英語で放送する「NHKワールド JAPAN」をアパホテルで初めて導入、全室無料放映するほか、上層階の客室にはほぼ全世界のプラグに対応するユニバーサルコンセントを採用したという。メインエントランス側敷地内には、千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」のサイクルポートを設置。自転車の貸出・返却が可能で、利用客の利便性向上に考慮した。

■日和ホテル大阪なんば(大阪市浪速区)が今春開業する。
SAKURA棟(10階建、124室)とMOMIJI棟(9階建、100室)の2棟で構成するツインタワーホテル。
224室の客室は、ダブルルーム・ツインルームが中心。日本らしさを感じる畳風の床材を採用、靴を脱いで寛げる室内とした。それぞれのタワーには、有名シェフが腕を振るうイタリアンレストラン、焼きたてパンのカフェを完備する。
4月27日にMOMIJI棟をプレオープンし、SAKURA棟の完成とともに5月30日にグランドオープンする予定。

■(仮称)ホテルスイートヨコスカ(神奈川県横須賀市)が2021年12月に開業を予定している。
ホテル横須賀が市から購入した旧三笠駐車場跡地に、客室数155室規模で予定しているもので、地上14階、地下1階建て、延べ床面積6,372平方mに全室スイートルーム仕様のツイン123室、ダブル32室を設ける。
客室面積は35〜38平方mで、料金は1室単位で15,000円を想定。旅行会社や地元の観光事業者と連携した宿泊プランを企画し、宿泊観光客の獲得と、市内観光への誘導を図る。

■グランドハイアット東京(都内港区)に4月1日、新天皇即位および新元号施行を祝して、10万円の超巨大バーガーが登場する。
「ゴールデンジャイアントバーガー」は、同ホテル6階のステーキハウス「オークドア」に登場。
黒毛和牛やフォアグラ、トリュフなどの高級食材をサンドし、バンズに金粉をまとわせた超巨大バーガー。その大きさは、直径25cm、高さ15cm、総重量3kg。バンズにニンニクとオリーブオイルを混ぜたアイオリソース、レタス、約1kgのUSプライムビーフのパテ、5個分の国産フルーツトマト、濃厚なチェダーチーズを重ね、その上にフォアグラ、2玉分のオニオン、そして黒毛和牛のステーキをオン。最後にシェフが目の前でトリュフをスライスし、バンズをのせて完成させる。リッチでボリューミー、そしてライブ感溢れる演出も楽しめるバーガーで、6人から8人程度のグループでシェアしながら楽しむのがおすすめだという。6月30日まで。

■大阪、京都の8ホテルは、3月30日に開催される環境キャンペーン「EARTH HOUR」(アースアワー)に共同で参加する。
「アースアワー」とは、世界自然保護基金(WWF)が運営する、3月の最終土曜日に1時間電気を使わない環境イベントで、目的は、地球温暖化に立ち向かう意思を表明すること、そのための具体的なアクションをとることにある。
8ホテルとは、ANAクラウンプラザホテル大阪、ウェスティン都ホテル京都、ザ・リッツ・カールトン大阪、セントレジスホテル大阪、帝国ホテル大阪、ヒルトン大阪、ホテル日航大阪、ホテルニューオータニ大阪。(50音順)
各ホテルでの取組みは様々で、たとえば、セントレジスホテル大阪の場合は、同日午後8時30分から午後9時30分までエントランスエリアやレセプションフロア、ロビー、庭園(晴天時)などのパブリックエリアを中心に、照明の消灯や減光を行いキャンドル型ライトを設置、CO2やエネルギーの削減に協力。また、レストランでは照明の代わりに卓上キャンドルを灯すほか、バーではこの日のために考案されたオリジナルカクテル「The Earth」が提供される。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 00:56| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ホテルのインテリアを一般のご家庭にも - ホテル備品販売 -

■3月16日オープンの「ムーミンバレーパーク」は、オフィシャルホテル・パートナーホテルを発表した。
オフィシャルホテルでは、ムーミンの世界観を楽しめる「ムーミンスペシャルルーム」に宿泊できる。また、入場制限がかかっても入園保証のある入園チケットを用意。また、宿泊者のみ「ムーミンバレーパーク」内で購入できる限定グッズや、「ムーミンバレーパーク」からオリジナルグッズをプレゼントする。

■JR東日本ホテルメッツ秋葉原(都内千代田区)が10月、JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場(都内江東区)が11月に、それぞれ開業する。
「JR東日本ホテルメッツ秋葉原(196室)」のテーマは「Cross Value HOTEL」。ビジネス・観光・訪日外国人などさまざまな人と文化が交差する街・秋葉原で、人・時・空間・街が交わることで、そこにしかない価値が生まれるという考えをテーマにした。デザインには、デジタル模様をとりいれるなど秋葉原らしさを体感でき、長期滞在でも快適に過ごせるテラス付きルームや全室バス・トイレセパレートを採用した。
一方、「JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場(189室)」のテーマは「人と木が織りなすおもてなし」。木材の街として歴史のある新木場で、木のあたたかみを感じられる憩いのひとときを提供する。新木場駅は3路線が乗り入れ、お台場や舞浜リゾートなどのベイエリアに好アクセスであることから、家族やグループ旅行客向けに客室数の半分近くをツインタイプで用意する。

■三田ホテル(兵庫県三田市)は、「ザ・セレクトンプレミア神戸三田ホテル」に改称した。
神戸三田新阪急ホテルとして2000年7月に開業し、2011年春から三田ホテルとして営業していた。昨年6月、ホテル再生事業などを手掛けるエフ・イー・ティーシステムがオリックスから買収。ザ・セレクトンホテルとして福島県に次ぐ全国で2番目の施設として営業を始めた。
現在、リブランド記念として館内レストランでグルメフェアを展開している。

■米・ラスベガスの「NoMad」は、ホテルの中にオープンした"ホテルインホテル"。
ロケーションは「PARK MGM」ホテルの上層階で、29階から32階までの4フロア。「PARK MGM」は、もともと「モンテカルロホテル」であったが、大規模改装され、「PARK MGM」に生まれ変わり、モンテカルロホテルの上層階にあった「HOTEL32」が「NoMad」に生まれ変わったもの。「NoMad」の客室数は 293。一般的には決して少なくない客室数だが、巨大ホテルが建ち並ぶベガスにおいては、小規模ブティックホテルという位置付け。「NoMad」は、もともとはニューヨークにある格式高いブティックホテルで、そのラスベガス版となる。

■星のや竹富島(沖縄県八重山郡)では、「脱マスク滞在」を開催している。
スギやヒノキがない竹富島だからこそ実現するプログラムで、憂鬱な花粉症から逃れて、春のピクニックが楽しめる。
ピクニックプランでは、竹富島の西に位置する「コンドイ浜」にアフタヌーンティーと昼寝ができるハンモックを用意。ピクニックの前には、施設内にあるガーデンでハーブを摘み、そのハーブティーが味わえる。食事は、紅芋や黒糖など、沖縄らしい食材を使用したスイーツやサンドイッチが14種類。お腹が満たされたら、春の穏やかな風を感じながらハンモックで昼寝ができる。
さらに「脱マスク滞在」プログラムには、脚・背中・腕・デコルテ・ヘッドの「癒しのスパトリートリートメント」も含まれており、花粉症のストレスから解放され、心身ともにすっきりリフレッシュできる。5月31日まで。

■新宿プリンスホテル(都内新宿区)では、レストランの仕事を体験する「こどもレストラン」を開催する。
同企画は、西武グループが推進する、未来を担う子供の健やかな成長を応援する「こども応援プロジェクト」の一環として、5月5日のこどもの日限定でおこなうもので、子供が運営する「こどもレストラン」を開催する。
家族をお客に見立て、「受け入れ」から「オーダーテイク」、「料理の盛り付け」、「料理の提供」を含むレストランの仕事を体験する。受け入れ前にホテルスタッフが出迎えの準備として、「挨拶」、「席への案内」、「オーダーの取り方」、「料理の盛り付け」、「料理の提供」までをレクチャーし、 レストランがオープンする。ゴールデンウイークの子供の体験と家族での思い出づくりの場を提供する。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 20:06| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

ホテル旅館の知っ得ニュース紹介 - ホテルのインテリアコーディネートをご家庭にも -

■横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(横浜市西区)では、増築工事を進めている横浜スタジアムの観戦用個室に、同ホテルのスタッフが受付など応対するほか、限定メニューを提供する。
カーペットを敷いた部屋にソファやテーブルを置いて高級感を出しつつ、バルコニーに出ると一般席のような試合観戦もできる。室内で飲食をしながら大型モニターで試合を楽しめ、非日常の空間で観戦できる。バックネット裏の座席の上に専用棟を新設。8人用から最大で16人向けまで、全部で30室を用意。主に企業・団体による利用を想定しているという。今年シーズンは日産自動車が個室観覧席の命名権を持ち「日産スタースイート」と名付けた。

■レムプラス銀座(都内中央区)が12月24日に開業する。
デザインコンセプトは「クラッシークール」。従来の「レム」のコンセプトを継承しつつ、快適性を向上させ、シングルルームを設けず、18平方mのダブルルームを主な客室タイプとした。ソファのあるくつろぎスペースを設置、ベッドサイズも1,400mm幅から1,600mm幅にサイズアップする。さらに、ダブルルームは従来のオーバーヘッドシャワーに加え、「ウォームピラー」を導入。体に沿って流れる湯に柔らかく包み込まれるような浴び心地で、高い温まり効果により、湯船につかるようなリラックス感を演出する。客室イメージは、江戸の伝統色を採り入れた3種類のカラースキーム「KONJIKI(こんじき)」「SHIROGANE(しろがね)」「MURASAKI(むらさき)」で構成する。

■BnA Alter Museum(京都市下京区)が5月に開業を予定している。
昨年、オープンした都内・秋葉原店続く第2弾で、客室そのものをアート作品と見立て、アーティストが制作する空間が31室。さらに、高さ30mのギャラリースペースや、ミュージアムショップ、バー、ラウンジなどが併設される。アート作品の中に泊まるホテル。宿泊費の一部はアーティストに還元されるという。客室アートを手掛けるのは、10数人のアーティストで、美術館やギャラリーの展覧会では限られた時間しか作品を見られないが、ここでは、宿泊してどっぷりと作品に浸れる。旅行という非日常の時間の中で、今まで味わったことがないアート体験ができるホテル。

■川越プリンスホテル(埼玉県川口市)では、「サイクリスト歓迎宿泊プラン」を販売している。
同プランは、地域の活性化を目的に、川越市と隣接する川島町の地域住民との連携によって実現したもの。
同ホテルは、風情ある景色を今に残す、"小江戸"川越にある複合宿泊施設。プランでは、川越の新たな魅力の発見と、サイクリングスポットである埼玉県比企郡川島町までのポタリングをサポートする。具体的には、自転車を持ち込む宿泊者を対象に、室内で保管するサービスを展開。また、手ぶらでサイクリングを楽しみたい人のために、近隣のスポーツサイクルショップと協力して、レンタサイクルをおこなう。レンタサイクルを利用した場合は、土曜日のみ限定で、ショップ主催のサイクリングイベントに参加が可能。さらに、サイクリングをより楽しめるように、川島町と広域のオススメスポットが記されたマップが配られるという。また、宿泊者限定のメニューとして、川島町で昔から親しまれている郷土料理「すたって」、川越の地酒「鏡山」を使用したデザートが振舞われる。6月30日まで。

■グランドハイアット東京(都内港区)に、花粉症レスキューメニューが登場した。
花粉症の諸症状の軽減に効果が期待できる、食材やハーブをつかった料理やトリートメント。
6階チャイナルームでは、薬膳に着目し、花粉症に効果があるとされる食材をつかった料理を提案。薬膳の世界では、花粉症の原因には、身体を守る防衛力や抵抗力を持つ衛気の機能低下があるとされており、機能低下の主な原因は体内の余分な水や水の滞りがあると考えられ、脾、肺、腎の機能低下が関与しているとされていることから、それぞれの機能に良いとされている食材を取り入れた料理を提供する。また、「Nagomi スパ アンド フィットネス」では、花粉症の諸症状の緩和に効果があるとされるユーカリやペパーミントなどが配合されたクリームやエッセンスをつかったトリートメントを用意した。また、自宅でもケアできるスペシャルキットも用意した。

■英国・ロンドンに、バプテスト教会の本部だった建物を改装してオープンしたホテルがある。
ロンドンのウェストエンドにある「L'oscar London」は、20世紀初頭にバプテスト教会の本部として建造された建物を、リノベーションに8年かけて完成させたブティックホテル。一歩足を踏み入れると、エントランスからレストランバーや客室に至るまで、ホテル内の隅々にまで荘厳華麗な世界が広がる。家具や装飾だけでなく、フロアや建具など、オーク材やマホガニー材が使用され、細かな彫刻が施され高級感が漂う。一部の客室には、教会だった時代にも使用されていた調度品が設置されている。100年以上もの歴史を持つ建物の随所から溢れ出るアンティークな雰囲気を醸し出すホテル。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 09:55| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

ホテルのインテリア備品をご家庭にもお届け - ホテル業界ニュース -

■米・ラスベガスのホテルにあるチャペルが、マンガにしか見えないと話題になっている。
ラスベガスのホテル「パームス・カジノ・リゾート」にある「Till Death Do Us Part(死がふたりを分かつまで)」という名前のチャペルで、グラフィックデザイナーでビジュアルアーティストの Joshua Vides 氏が設計したもの。一見するとフォトショップを使った合成画像のようで、イラストにしか見えない椅子や壁や天井だが、すべて実物。
SNS映えを意識した設計となっており、このマンガ絵みたいなチャペルをバックに、1時間思う存分撮影することができる「Our Marriage Looks Perfect – On Instagram」など、各種プランが揃っている。

■ホテルコンチネンタル府中(都内府中市)では、新メニュー「ラグビーボールオムライス&ラグビーカクテル」を販売している。
今年、ラグビーW杯が開催されることを記念し、同ホテルの「カフェ&バー Colt」が提供。「ラグビーのまち府中」を掲げる府中市に位置し、開幕戦の「日本vs ロシア戦」を含め8試合が実施される東京スタジアムが近いことから企画したという。
「ラグビーボールオムライス」は、青森県で完全循環農法を実施する自社農園「東北牧場」で飼育する「あすなろ卵鶏」で作る「青玉オムライス」と、「ゴトウ卵鶏」で作る「赤玉オムライス」の2種を用意。楕円形のラグビーボールとグラウンドの芝生をイメージし、3個の卵で作るオムライスにデミグラスソースとカレーソースの2種類を添えた。「ラグビーカクテル」は、日本代表チームの赤白ストライプのユニホームをイメージするザクロ酒のカクテル「ユニフォームストライプ」と、日本代表チームの愛称「ブレイブブロッサムズ」に合わせ、本物の桜を使った桜リキュールと東北牧場の桜の花で作る自家製シロップのカクテル「チェリーブロッサムズ」の2種。11月初旬まで。

■ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)は、中国料理店「香桃(シャンタオ)」をフルリニューアルした。
平成9年の開業以来の初めての全面改装となる。中国製陶器を1万1千ピースに砕いて、桃の花を描いた幅約6m、高さ約2mのモザイクアートを壁一面に張り、「桃源郷」をイメージする内装を施した。女性客向けに中国茶のアフタヌーンティーを楽しめるテラス席も新設。席数は108から122席に増やした。関西でホテルの新規出店や改装が相次ぐ中、競争力を強化し、集客力を高める。

■アマン東京(都内千代田区) では3月21日より、イースターをテーマにしたアフタヌーンティーセットを販売する。
ホテル1階にある別棟の「ザ・カフェ by アマン」で提供する「イースター フォレ デセール」で、卵やウサギなど、"イースター"を象徴する、遊び心あふれる春のスイーツが楽しめる。4月21日まで。

■京成リッチモンドホテル東京門前仲町(都内江東区)が3月19日に開業する。
京成電鉄と「リッチモンドホテル」を手がけるロイヤルホールディングスの初めての共同でのホテルで、2社の共同出資会社、ケイ・アンド・アール・ホテルデベロップメントが手掛ける。
東京メトロの門前仲町駅から徒歩2分。京成電鉄のグループ会社跡地に建設した。地上10階建てで、総客室数は123室。ビジネス客の利用を見込むが、増加する訪日外国人やファミリー層の利用も想定する。2022年度には墨田区内で2軒目のホテルを開業予定で、3軒目も計画中だという。

■宿場JAPANは、「宿場ホテル」を立ち上げた。
開業10年目を機に、直営の4店舗及び暖簾分けの2店舗を総括した宿ブランド。また、「宿場ホテル」ブランドの中に、「The」「Kago」「Shukuba Guest House」の3つのブランド・ラインを併せて立ち上げる。
同社は2009年の「ゲストハウス品川宿」オープンを皮切りに、東京都品川区を中心にゲストハウスや一軒家ホテル等の外国人向け宿泊施設を数施設運営している。今回の新ブランドおよびブランド・ライン立ち上げにより、現在運営する宿泊施設は全て「宿場ホテル」を冠する宿泊施設として展開されるという。
「宿場ホテル」とは、「小さくも個性的で、街と共に特別なおもてなしをするホテル」と定義付けし、街をひとつの宿に見立て、街のサービス(飲食店、雑貨屋、銭湯等)を活用すると共に、エリアの価値も高めていくことを目的としている。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 23:04| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

ホテル業界の最新ニュース情報をいち早くお届け ホテルのインテリアをご家庭にも -

■富士マリオットホテル山中湖(山梨県南都留郡)では、ホテル1階レストラン「Grill & Dining G(グリル & ダイニング ジー)」で、ひなまつりを祝うパフェとカクテルを発売する。
標高1,000mに位置する山中湖は春の訪れが遅く、ひなまつりは桃の花の開花の時期にあわせて、ひと月遅れの4月3日に行う習わしがある。十二単を着たお雛さまをイメージしたフォトジェニックなパフェや、ひなまつりの際に振舞われる白酒や菱餅をイメージしたオリジナルカクテルを提供する。またホテルフロントロビーでは、七段飾りの煌びやかなひな人形も展示する。

■神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は、2017年に開催された国際会議の件数で、全国のホテルで最多の28件だった。
同ホテルは2012〜2015年まで4年連続1位を保っていたが2016年は2位だった。2年ぶりの首位返り咲きとなる。
日本政府観光局の国際会議統計による国際会議の定義は、参加国が日本を含む3カ国以上、参加者50人以上などで、2位以下はヒルトン福岡シーホーク(26件)、京王プラザホテル(15件)、ウェスティン都ホテル京都(13件)、KKRホテル広島、グランドプリンスホテル新高輪(いずれも10件)・・など。
ホテル以外を含む全体では、ポートピアホテルは21位。同ホテルは、ホテル業界などで働く社会人対象の教育プログラムを関西学院大と共同開発し、同大大学院で開講予定。人材の育成にも力を入れるという。

■ファッションデザイナーのクリスチャン・ルブタンがホテル業に進出する。
ルブタンの別荘があるポルトガル中南部のアレンテージョ地方に4月から建設する予定で、2020年夏のオープンを目指す。
設計には建築家マダレーナ・カイアドを起用し、内装はルブタン自身が手掛けるという。シンプルな外観でありつつ、内部は印象深くて居心地のいいホテルにしたいとしている。現在、家具や陶磁器を集めたり、地元のアーティストの作品を購入したりという段階だという。部屋数は21室と小規模ながらもレストランを備えており、地元の魚介類やチーズを使った旬のオーガニック料理を提供する。ホテルの名称は未定だが、自身の名前をつけることは考えていないという。

■楽天トラベルは、楽天トラベルの国内登録宿泊施設を対象に、直近の1年間で顕著な実績をあげた宿泊施設を表彰する「楽天トラベルアワード2018」を発表した。
同アワードは、全国の登録宿泊施設を対象に、顕著な実績をあげた宿泊施設をゴールド、シルバー、ブロンズの順で表彰した。今回「ゴールドアワード」は82施設、「シルバーアワード」は83施設、「ブロンズアワード」は731施設が受賞した。また、レジャー宿を対象にした「楽天トラベル 日本の宿アワード2018」では、各都道府県1位の「日本の宿アワードTOP47」を47施設、「日本の宿アワード」を188施設が受賞した。

■からくさホテルグランデ新大阪タワー(大阪市淀川区)が11月末に開業する。
全国で8軒目、関西では5軒目となる同ホテルは、からくさホテル最大の地上24階建て396室。
新大阪駅から徒歩約5分の立地。客室は、ダブル、ツインのほか、3名まで宿泊できる部屋219室、最大収容人数4〜6名の部屋40室など、多彩なラインアップを用意。さらに、隣り合う客室を内扉でつなぎ、最大6名までご利用可能なコネクティングルームも160室備え、グループから少人数まで幅広く利用可能。大型バス対応の車寄せや、レストラン、大浴場、サウナ、湯上りラウンジ、ランドリーコーナー、コンビニエンスストアなど、観光旅行に便利な施設を取り揃える。開業に先行して、5階から14階までの216室の宿泊予約を3月1日より開始。公式ウェブサイト上では「開業記念オリジナル扇子付き特別宿泊プラン」も発売する。

■アットインホテル名古屋駅(名古屋市中村区)がグランドオープンした。
客室は、シングル・ダブル・ツイン・女性専用キャビンなど全119室。カフェバーで用意する朝食ビュッフェは無料。女子会貸し切りプランでは、ルームウェアが25種類から選べ、スキンケアコスメも充実している。夜食にもなる暖かいスープも各種用意。場所は、JR名古屋駅桜通口より徒歩8分、同駅直結のミヤコ地下街4番出口より徒歩2分の立地。

■米国で「引退後は老人ホームよりもホリデイインで」とSNSに綴った男性の提案がちょっとした話題になっている。
米・テキサス州ヒューストンに暮らすテリー・ロビソン氏がフェイスブックに投稿したアイデアは、11万3,000人以上のユーザーにシェアされた。彼は、無料の朝食付きのホリデイ・インに老後を頼る暮らし方について、かなり詳しく提案した。「長期滞在プランの割引と高齢者割引を併用すれば、一泊58ドル23セント(約6,500円)」「彼らはあなたを患者としてではなく、宿泊客として扱ってくれるだろう」「ハワイを見たい?ホリデイ・インならハワイにもある」「(ホテルだったら)メイドが来て無事かどうか確認してくれる。もし調子が悪ければ救急車を呼んでくれるし、葬儀屋だって手配してくれるだろう」等。
彼のアイデアが反響を呼んだ背景には、引退後の生活にかかる費用の急増があり、しっかりした医療スタッフがいる中級程度の介護福祉施設にかかる費用は約10万ドル(約1,100万円)を超えるという。引退後の生活を安上がりに送りたい米国人の間で、彼のアイデアが話題を呼んでいる。



━━━━━━━━━━━━━━━

posted by dream at 14:55| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

すご〜く大きなベッド - クイーンサイズやキングサイズより、もっと大きいサイズのベッドをお届け - 高級ホテルのベッド -

■パシフィックホテル白石(宮城県白石市)では、東日本大震災の復興応援キャラクター「東北ずん子」を随所にちりばめた特別ルームの宿泊プランを始める。
ずん子を活用したスタンプラリーが3月2日から宮城県白石市を中心に開かれるのに合わせたもので、内装にタペストリーやポスターを飾ったほか、スマートフォン用スタンドや卓上カレンダーといったグッズを置く。電気ケトルやドライヤーはイメージカラーの緑色でそろえた。東北イタコ、東北きりたんを加えた「東北3姉妹」の抱き枕を日替わりで用意するという。白石城や蔵王連峰が一望できる部屋で、ずん子との旅気分を楽しみ、ゆったり街歩きも堪能してほしいとしている。ラリー最終日の4月21日宿泊分まで。

■ハイアット リージェンシー大阪(大阪市住之江区)では、巨大ハンバーガーを販売している。
ホテル開業25周年にちなんで、2.5kgのビーフパティを使った巨大ハンバーガー「アニバーサリー ビッグバーガー」で、総重量は6kgあるという。価格は25,000円(税サ別)。一般的なハンバーガーを150gとすると、およそ40個分にもなる巨大バーガーで、製作にトータル約7時間かかるというふわふわ自家製バンズを使用。ビーフを100%使用した直径約30cmのパティは、フライパンで焼き色をつけ、オーブンでじっくりとローストし1時間かけて焼き上げる。
宴会やパーティのメイン料理としてサプライズに、またウエディングのバーガー入刀&ファーストバイト、撮影しながら楽しく盛り上がりたいレストラン女子会など、さまざまなシーンで楽しめるSNS映え最高の巨大ハンバーガー。

■ジェイアール西日本ホテル開発では、傘下の全8ホテルで「アリペイ」等の決済サービスを開始した。
中国で幅広く活用されている「アリペイ」や「ウィーチャット・ペイ」などのキャッシュレス決済サービスで、国内の「ラインペイ」「ペイペイ」等についても順次導入するという。スマホによるモバイル決済が普及している中国からの訪日客が増えており、利便性を高める。宿泊だけでなく、飲食やテナントも含めた物販、美容室などでも始め、客の取り込みを図る。全8ホテルのうち、ホテルグランヴィア京都など3店舗は2月初旬に導入済みで、5月30日にオープンするホテルヴィスキオ京都は開業と同時に導入する。

■穴吹興産では、ネットを使った資金調達で宿泊施設の再生事業を始める。
「不動産投資型クラウドファンディング」を通じて投資家から集めた資金で高松市内のホテルを改修して6月上旬に再出発させる。同社が得る収入を投資家に分配する。新たな資金調達の手法を活用して、インバウンドの増加で今後の伸びが期待できる地方の宿泊施設の再生を進める。
今回の改修費は約8千万円かかる見通しで、ネットでの資金調達は1口5万〜10万円。今回のプロジェクトで順調に資金が集まれば、全国の地方都市を対象に案件の発掘に乗り出したい考え。

■お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣氏が、新プロジェクトとしてホテルのオープンを手掛けているという。
西野氏はブログで、「ここ最近、"次、何を仕掛けるの?"と訊かれる機会が増えてまいりました」とし、「外に出せていない情報がいくつかあるのですが」と前置きをしつつも「その内の一件を出してもよくなったそうなので、変な時間に公表します」と綴った。そして「次は・・・ホテルをやります!ホテル名は"プペルホテル"」と発表した。「"えんとつ町のプペル"の世界観を再現したホテルで、今夏オープンします。詳しい場所はまだ言えませんが、都内のどこかです。結構、通いやすい場所にあります」とホテルの大まかなオープン時期と場所を明かした。
尚、ホテルの運営は別会社で、西野自らは運営はしない方針だという。ただ、ホテルの内装やグッズ等のクオリティーチェック等、西野氏がしっかりと関わっていることを強調している。

■ABホテルが青森に進出する。
場所は、JR新青森駅周辺で、ABホテルの東北進出は初めて。2020年秋の開業を目指す。8階建て、131の客室を備える。延べ床面積は約2,630平方mで、今年10月に着工する予定。青森市へのクルーズ船の寄港や国際便の増加といった商機を捉え、にぎわいを創出する。
同駅周辺ではこのほか、246室を備えた「東横イン」が今年12月頃に開業する予定。

■ベトナム・ハノイでの米朝首脳会談の際、首脳会談の場所となったホテルは「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」だった。
1901年、フランス植民地時代に開業したホテルで、客室数364室。ハノイを代表する歴史と格式あるホテル。英国の作家モームや喜劇王チャプリンら著名人が宿泊したこともある老舗の高級ホテル。
また、金委員長が泊まったホテルは「メリア・ハノイ」。ベトナムが外に向けて積極的に開放方向に舵をとりはじめた1998年開業で、客室数306室。2015年に改装している。北朝鮮の大使館とも近い立地にある。金委員長が宿泊したのは185平方mの「プレジデンシャルスイート」。ちなみに、トランプ大統領が泊まったのは「JWマリオットホテルハノイ」だった。いずれのホテルも、周囲は厳戒態勢が取られ、ものものしい雰囲気となった。



━━━━━━━━━━━━━━━
posted by dream at 13:07| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする