2020年04月28日

ベッドが大人気のホテル業界のニュースとは?

■オリエンタルホテル広島(広島市中区)では「母の日 ペアランチプラン」を実施する。
5月3日〜10日の間、1階フレンチレストランOZAWAで開催するもので、コースに2つのプレゼントがセットになった、期間限定のプラン。旬を迎えた食材の魅力をおいしく引き出したシェフ特製のおまかせランチコースを味わった後は、好みに合わせて、ピンク系・オレンジ系の2種から選べる可憐なブーケと、ホテルパティシエ特製の小菓子「広島レモンのフルーツパウンドケーキ」を特典としてプレゼント。食事と併せて、嬉しいサプライズにもなる2つのプレゼントがセットになったプランが、日頃の感謝の想いを込めたひとときを彩る。

■ホテルタビノス浅草(都内台東区)が6月15日に開業する。
建物は地上13階建てで、内装は日本の文化である「MANGA(マンガ)」をコンセプトに据えてデザインしている。アクティブに旅を楽しむミレニアル世代の訪日外国人を主要ターゲットとして、手ごろな価格とサービスでリラックスできるホテルを目指す。客室は、ダブルルーム、ハリウッドツインルーム、ユニバーサルルームの3種類の全278室。デスク等の家具を必要最低限にとどめ、浴室はシャワーブースのみとし、デッドスペースを荷物収納に活用するなど、コンパクトでありながらも機能性と居住面積を確保している。また、ロビーでは大型のサイネージを使用したAIコンシェルジュで、ホテルスタッフがおすすめするスポットやホテル近隣のローカル情報をはじめとする観光情報を提供するほか、朝はラウンジで無料の軽食やコーヒーを用意するという。

■MOSHI MOSHI ROOMS (都内渋谷区)に、銭湯と相撲を掛け合わせた部屋「DOSUKOI(ドスコイ)」がオープンした。
第1弾の「SAKURA」、第2弾の「ORIGAMI」に続く第3弾のコンセプトルームとなる。間取りはワンルームで、広さは40平方m。エントランスは屋根瓦とのれんで銭湯の出入り口をイメージ。リビングルームのライトには力士の「突っ張り」を表現した傘を付け、ソファやラグ、椅子などの家具は白とベージュで統一し「土俵」を表現した。壁面には力士のイラストを描いた。ベッドルームには、シングルベッド2台が並ぶ2段ベッドと収納ベッド1台を用意。バスルームにはヒノキの浴槽を設置し、頭上には土俵の上に設置されている水引幕を装飾。その他、フライパンや食器などのキッチン道具や電子レンジ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、バスタオル、ヘアドライヤー、浴衣、スリッパ、Wi-Fiなども完備する。

■川奈ホテル(静岡県伊東市)は、本館客室17室をリニューアルオープンした。
昭和初期の近代建築の魅力はそのままに、滞在価値の高い空間造りを目指し、「非日常」と「特別感」を感じられるような改装を行なった。本館オーシャンビューの客室は、海一望のロケーションと広いバルコニーを活用し、床とバルコニーの段差をなくすことにより、客室との一体感を演出。コネクティングルームは、最大4室をコネクティングすることで286.1平方mの広々とした客室で、1室最大6名で利用可能となる。本館ガーデンビューの客室は、年齢や性別に関わらずすべての人が快適に過ごせるようにフラットルームに改装したという。リニューアルを記念した宿泊プランも用意している。

■マリオットインターナショナルは、アジア地域のホテルで「スマイル」のライトアップをおこなう。
世界中が苦労に直面している中、前向きな姿勢を広めたいという願いをこめて、4月末までの期間、「Light for Hope(希望の光)」と題して、アジア太平洋地域にある一部のホテルをライトアップする。東京、宮崎、ソウル、上海、香港、バンコク、クアラルンプール、サイゴン、ジャカルタ、モルディブ、ムンバイなどにある270軒以上のホテルが客室に明かりを灯すことで、その外観にスマイルの顔のシンボルを描く。

■The Courtは、法人向けのホテルの客室フロア貸し切りの「サテライト・オフィス・プラン」の提供を開始する。
在宅勤務やテレワークが推奨されていることを受け、デイユースやウィークリー、マンスリーのプラン等を用意。大きめのビジネスデスクの設置や飲み物の提供などを行ない、普段のワークスタイルを変えることなく快適に仕事ができる環境を整える。同プランの利用可能ホテルはSHIBUYA HOTEL EN、FUJISAWA HOTEL EN、EN HOTEL KYOTO、コートホテル新横浜、コートホテル旭川、コートホテル水戸、コートホテル新潟、コートホテル浜松、コートホテル博多駅前、コートホテル福岡天神、コートホテル広島、コートホテル倉敷、ヴァリエホテル広島、ヴァリエホテル天神となっている。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

有名ホテルのベッドやマットレスはどうやって納入される?

あまり知られていない、ホテルのインテリア工事の現場を、漫画と動画でわかりやすく解説します。

普段、ベッドはどうやって大型ホテルに納入されている!?
うわぁ 大きなホテル現場だなぁ

おい井上、おまえ納品の現場、初めてだよな? はい。

小林、おまえ色々と教えてやれ わかりました。

ホテルのインテリア備品は建物の躯体工事や内装工事が仕上がってから順次納品する

都心部の大型ホテルの場合は、たくさんの納品業者の混雑を回避したり、周辺地域への迷惑を考慮してベッド搬入作業は夜中におこなうことが多い

オープンの日が迫っている時など、夜を徹しておこなうことも多いぞ なるほど

大きな現場になればなるほど多くの業者が出入りするから混乱しないよう工程会議が毎日おこなわれる

もうホテルの中はクロスやカーペットが仕上がってるんですよね? ああ、だからもちろん養生はするが一台一台慎重に運ばなきゃいけない

ベッドなどのインテリア商品の納入後は監理担当の設計事務所の先生やホテル支配人達の主導で厳しい商品検品や試泊などがおこなわれる

ホテルの宿泊課の従業員等の皆さんによってベッドメイクの実習も実践さながらにおこなわれる

そこまで準備して そしてようやく

ホテルオープンだ パチパチ ドキドキ

どうだ井上?「インテリアの仕事」って、もっとカッコいいイメージだったんじゃないか?いえ・・・

建築現場でのインテリアの仕事は決して「オシャレ」などとは縁遠い大変な現場だ

高級ホテル百室分の納品作業は肉体的にも精神的にもかなり大変だが・・・ホテルがオープンして、たくさんのお客様が出入りし

支配人はじめホテルの従業員のみなさんに喜んでいただけると、そんな疲れは吹っ飛んで達成感はひとしおだ

よしっ もうひとがんばりだ!はいっ!

◇動画で見る ↓



posted by dream at 21:00| Comment(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

ホテル ニュース一覧 | 旅館宿泊業界 最新情報

■リゾートホテルモアナコースト(徳島県鳴門市)では、食事をルームサービスで提供し、通常より料金を抑えた「おこもりプラン」を企画した。
食事は、パスタやフォカッチャなどの夕食と、サンドイッチなどの朝食をスタッフが客室まで届けるため、チェックインからチェックアウトまでスタッフ以外と接触せずに過ごせるのが特長。各客室にはプライベートの露天風呂もあり、星空を眺めながら入浴できるなどくつろげる環境も整っているという。1泊2食付の料金は1人13,200円からで、通常料金より4,000円ほど安く抑えた。

■ホテル TSUKI (都内中央区)では、客室と貸し切り風呂の利用をセットにした「貸し切り風呂付きショートステイプラン」を提供している。
同ホテルのコンセプトは「日本通になるホテル NIPPON SAVVY」。浴槽に青森ヒバを使った「貸し切り風呂YUUYA/湯屋」や日本酒と肴を提供する「Sake-Bar TABLE TSUKI」など日本文化を体験できる施設がある。同プランは、「静かな環境での作業や、仮眠、貸し切り風呂でのリフレッシュなど、思い思いの時間を過ごしていただきたい」と始めた。利用時間は7時〜14時で最大利用人数は2人。貸し切り風呂の利用時間は45分間で、フリーソフトドリンク付きの「湯上がり処YUAGARI」も利用することができる。

■オークラアクトシティホテル浜松(静岡県浜松市)では、43階・44階の最上階2フロア(42室)を改装し、「アッパープレミアムコンフォートフロア」としてリニューアルオープンした。
他フロアに比べ、より快適さを追求した上質なフロアとして位置づけており、両フロアともに、南側の客室は海をイメージしたブルー、北側の客室は温かみのあるパープルを基調にまとめ、カーペットは音楽と自然がコラボした浜松ならではの「音楽と海」をコンセプトに、ピアノの鍵盤や遠州灘にさざめく波、砂丘の風紋などをデザインに取り入れたという。特別アメニティとして、今治タオル、ダイソンのヘアドライヤー、タルゴのバスアメニティ等も初採用した。

■ホテル・アゴーラ リージェンシー大阪堺(大阪府堺市)では、「リモートワーク応援プラン」を販売している。
癒やし効果や創造力の刺激など、自宅では得られない仕事環境を提供したい企画した。集中できる環境で「籠もる」場として、「泊まる」だけではないホテルの使い方を提案する。西側の客室は明石海峡大橋や淡路島、そして東側は世界文化遺産の仁徳天皇陵古墳を含む百舌鳥古墳群を臨む抜群の眺望も魅力。すべて25平方m以上の広々とした客室で、無料Wi-fi、仕事がしやすいように電気スタンドも準備され、駐車場が無料。

■Sport & Do Resort リソルの森(千葉県長生郡)がオープンした。
これまで「リソル生命の森」の名称で展開してきた複合リゾート施設をフルリニューアルしたもので、東京ドーム約70個分に相当する総面積100万坪もの広大な敷地に、各種スポーツ施設やクリニックを併設した施設。各種宿泊施設のほか、ゴルフ場、メディカルトレーニングセンター、レストラン、研修施設、自然共生型アドベンチャースポーツ&パーク「フォレストアドベンチャー・ターザニア」など多彩な施設がある。
今回のリニューアルでは、健康スポーツ施設「メディカルトレーニングセンター」や宿泊施設の大規模改修に加え、グランピング施設と天然温泉露天風呂を備えた温浴施設新設など、旧もみじの里エリアを「グランヴォー スパ ヴィレッジ」に改称し、施設全体の上質化を図ったという。

■栃木グランドホテル(栃木県栃木市)では、テレワーク・リモートワーク向けプランの提供を開始した。
客室を通常より安い価格で提供している他、4〜5月限定で宴会場をオフィスとして貸し出している。集中して勉強してほしいと、生徒や学生向けのプランも用意している。
同ホテルは、客室40室で、通常は1泊6,900円。テレワーク・リモートワーク向け客室デイユースプランでは午前9時〜午後6時1人2,500円などで提供。ホテルスタッフがホテル内で利用者の子どもたちと遊ぶなど無料オプションもあるという。生徒や学生向けの集中学習プランもあり、6時間2千円で利用できる。Wi-Fi完備で、各フロアと客室はアルコール消毒されている。宴会場は貸しオフィスとして提供する。8つの会場は広さ19〜233平方mで月3万〜5万円で貸し出すという。フロントでファクスやコピーの利用も可能。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

「ホテル業界」のニュース一覧 - ホテル備品販売 online

■レジデンスホテル(福岡県福岡市)では、「コンシェルジュ付き8時間滞在デイユース」の提供を開始した。
企業で導入が広がるテレワークの作業場所として使ってもらうのが狙い。出張者や旅行者が減り、ホテルの稼働率が激減する中で新たな活用方法を模索している。
平均約27平方mの広さの部屋は完全に除菌されており、にテレワークで使えるようパソコンモニターやプリンター、空気清浄機を設置。WiFiも完備。マンションを転用したつくりが特徴で、キッチンもある。9時〜20時までの間で4時間又は8時間利用が可能で、一日仕事に集中できるように仕事以外の業務はコンシェルジュが全面的にサポート。たとえば「打ち合わせがあるのでタクシーを呼んでほしい」「昼食でお寿司を食べたいのでデリバリーしてほしい」「客室のコピー用紙がなくなったので、コピー用紙を持ってきてほしい」「夕食のレストランを予約してほしい」・・・等の様々なご要望に対応が可能だという。

■いわき新舞子ハイツ(福島県いわき市)がリニューアルした。
今回のリニューアル工事は、同市の七浜街道の整備事業の一環として、サイクリングステーション整備、それに伴い、ホテルエントランス、フロント、一部客室の改装がおこなわれた。「いわき七浜海道」は、白砂青松が広がる同市特有の美しい海岸線に沿って、復旧・復興事業により整備された防潮堤や既存の国・県道や市道などを活用し、自転車走行空間として整備するもので、勿来の関公園から久之浜防災緑地までの総延長約53kmのサイクリングルート。同ホテルはその起点にあたる。さらに、2階宴会場の改装、通路のカーペット張替え、照明器具の更新など、現在、手入れを進めているという。

■アラブ首長国連邦・ドバイに、ザハ・ハディドが外観から内装までを手がけたタワーホテル「ME DUBAI」が誕生した。
宇宙船や基地を連想させるエントランス。未来の旅に誘われるかのような空間となっている。地上20階、地下7階の大型複合施設の立方体のビル中央を削り、ぽっかりと穴を空けた独創的な設計。曲線、鋭角、大胆な素材が特徴のザハ建築の特徴を発揮するホテル内部は未来的で、74の客室と19のスイートのほか、ロビーやラウンジエリア全体がザハ設計の特注家具、あるいは彼女自身がセレクトした調度品で構成されているという。昼の陽光と夜間のLED照明で浮かび上がる劇的なビルの外観と、客室から眼下に広がる眺望の光の変化が呼応する様は、まさに"宇宙船"の様。ザハ建築を十二分に堪能できるホテル。

■軽井沢プリンスホテル(長野県北佐久郡)では、「コテージでワーケーション宿泊プラン」の販売を開始した。
同ホテルには、1棟1棟が離れになっている Wi-Fi 完備のコテージがあり、ワーケーション用に活用するという。ワーケーションとは、「ワーク」(仕事)と「バケーション」(休暇)を合わせた造語でリゾートや地方等で休暇を兼ねながらリモートワークを行う働き方を意味する。在宅勤務やリモートワークといった働き方が増えていることを受けて脚光を浴びている。同プランは、3泊以上の予約に限定となり、4名用コテージでは1棟1泊6,000円から利用可能。朝食は2,000円で、ホテル内のレストランでの朝食か部屋までのパンバッグデリバリーサービスのいずれかを選択できる。7月22日までの期間限定。

■フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山串本(和歌山県東牟婁郡)が来年度にオープンを予定している。
マリオット・インターナショナルと積水ハウスが進めている事業。敷地面積は約1,900平方m、鉄筋7階建て。延べ床面積3,700平方mで、客室は90室。両社は、全国の道の駅を拠点にした地方活性化事業を展開。その一環で、ホテルを「道の駅」隣接地に設け、自動車やバイク、自転車、公共交通機関などで巡る「地域の魅力を渡り歩く旅」を提案するという。ホテルにレストランや土産販売コーナーは設けず「宿泊特化型」で、食事や土産は、道の駅や地域の店舗の利用を促すことで、地方創生や地域活性化を後押しする。
「フェアフィールド・バイ・マリオット」ブランドのホテルは今後、栃木、岐阜、三重、京都、和歌山、奈良の6府県に15カ所計1,152室オープンする予定。

■庭のホテル東京(都内千代田区)では、「テレワーク応援プレミアムデイユースプラン」の販売を開始した。
朝8時から利用可能で、普段のワークスタイルを変えることなく利用できる。換気可能な客室には、ロングスパンのデスクが設置されており、思い切り書類を広げてお仕事に集中できる。また、ホテル内の懐石レストラン「日本料理縁」の特製弁当や、息抜きのためのソフトドリンク(小菓子付)を客室にお届け。ホテルならではの静かなプライベート空間を自分だけのオフィスとして活用できる。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

【日本のホテル業界 最近のニュース】

■晩成Grand Suite(北海道帯広市)では、1日1組限定のトレーラーホテル、買い物代行サービス付きの長期滞在プランを販売開始した。
3泊以上の宿泊を条件に、買い物代行サービスの提供や、ランドクルーザーとハイエースから選べるレンタカー、ドローンやプロジェクターなどの無料レンタルも可能。貸切のプライベート空間で、ゆっくりと過ごせる長期滞在プラン。
北海道十勝エリア内、太平洋を望む丘の上にあるトレーラーハウス型ホテルで、移動式サウナトレーラーや薪で沸かす露天風呂などの設備に加え、全国的にも珍しい泉質を持つ「晩成温泉」まで徒歩3分。自然を感じる快適なプライベートステイを楽しめる。

■エースホテル京都(京都市中京区)が5月21日に開業する。
当初4月16日の予定としていたが、現在の世の中の状況を鑑み、安全を最優先に考慮し延期することとした。
アメリカ・シアトルで1999年に創業し、地域性を生かしたデザインが魅力の「エースホテル」。2016年に閉館した「新風館」の跡地に再開発としてアジアで初めて誘致し、世界のホテルファンから注目されている。建築家・隈研吾氏らがデザインを監修し、歴史ある旧「京都中央電話局」の一部を活用した既存棟と、中庭を挟んだ7階建て新築棟の構成。京都の景観との調和を重視し、外装デザインは和テイストの木組みが多用されている。客室は日本式の深めのバスタブやオリジナルのアート作品、家具が設置されたスタイリッシュな空間が9タイプ用意され、全213室。

■札幌グランドホテル(札幌市中央区)では、「がんばろう北海道!フェア」を開催している。
開業時より「地産地消」をうたい、北海道の皆様に食文化を伝える役割を担ってきた同ホテルが、地域に寄り添い協力できることはないかと考え、「がんばろう北海道!」と題し、北海道の乳製品や野菜を使ったメニューを和洋中の各レストラン、ホテルショップで提供する。また、3つの特典付き宿泊プランも用意。遠出はできなくても、自宅以外の快適な場所でゆっくり時間を過ごすのにおすすめ。家族でのプチトリップとして、また、テレワークなどビジネスとしても利用できる。

■ホテルニューオータニ幕張(千葉県幕張市)では、日帰りで客室を利用できるプランの販売を始めた。
テレワークが広がっているのを受け、一時的な仕事場としての需要を見込む。宿泊なしの客室プランを販売するのは初めてだという。Wi-Fiや加湿器も備え、快適に仕事ができる環境を整え、通常は対応していない昼食のルームサービスを受けられるほか、室内には飲料水やコーヒーなどもそろえ、部屋から出ることなく安心して過ごしてもらえるという。平均的な就業時間に合わせ、午前7時〜午後1時にチェックインして最大9時間滞在するプランのほか、半日だけ利用できる最大4時間の滞在プランも用意。4月30日までの平日限定。新たな需要を開拓し、宿泊客の減少をカバーしたい考え。

■ザ ロイヤルパークホテルアイコニック大阪御堂筋(大阪市中央区)がオープンした。
プレミアム宿泊主体型ホテル「THE シリーズ」の新ブランド「アイコニック」ラインの1号店となる。アイコニックとは「象徴的な」という意味で、「大阪の象徴的なおもてなしの拠点でありたい」という意味を込めたという。宴会場やウェディング施設を持たず、ランドリールームや自販機などの「滞在をより快適にする最適なサービス」を提供する。場所は、御堂筋沿いに建つ25階建てのビル「オービック御堂筋ビル」に入る。15階がフロント、16階〜25階が客室で、全352室。客室が16階以上にあるため、眼下に広がる都会の雰囲気や、開放感のある風景が見どころのひとつ。客室の広さは21.2平方mからスイートルームの102.5平方mまで設定。内装には御堂筋を象徴するイチョウをモチーフにちりばめた。

■ホテルニュータンダ(長崎県長崎市)では、マスク付き宿泊プランを販売している。
プラン発案のきっかけは、同ホテル内の従業員のマスク不足で、ホテル内で白いマスクを作り始めたが、世間でマスク不足が続いているために、これを宿泊プランに入れ込んだ。今後は手作りマスクの販売も検討しているという。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

ホテル/旅館/観光業界のnews

■南三陸ホテル観洋(宮城県南三陸町)では「地盛券」を発行している。
宿泊客を対象に、町内の商店などで使える500円分の利用券で、観光客を呼び戻すと共に、消費活動を促すのが狙い。宿泊した大人1人1泊につき1枚を発行する。チェックアウト時まで使用できる。券は「南三陸てん店マップ」に掲載されている飲食店や商店のうち、企画に賛同した40店舗ほどで使える。発行枚数は5千枚ほどを予定。地盛券で地元の経済を少しでも盛り上げたい考え。

■ホテルモントレ福岡(福岡市中央区)がオープンした。
地下1階、13階建て。フロア構成は3階がフロント・ロビー・温浴施設・レストラン、4階〜13階が客室。1階・2階には自動車販売店が出店する。総客室数は302室で、「スタンダードルーム」「スーペリアルーム」「デラックスルーム」など13タイプを用意し、1〜4人の利用に対応する。最上階13階の客室「ハイフロア」には、グレードアップしたアメニティーなどをそろえる。サウナ付き温浴施設を設け、男性用には浴場とドライサウナ、女性用には浴場とミストサウナを設置する。同グループとして福岡県内では「ホテルモントレ ラ・スール福岡」と「ホテルモンテエルマーナ福岡」に次ぐ3施設目となる。

■リーガロイヤルホテル(大阪市北区)では「桜スイートでお花見プラン」を販売している。
天井まで届く桜のアートフラワーでデコレーションした和室スイートで過ごす宿泊プランを1日1室限定で販売している。ナチュラルコンフォートフロアの56平方mの和室スイートを桜のアートフラワーを用いて装飾。また、特典として気品のある優しい味わいで女性にも人気のスパークリング清酒「すず音」や、「鶴屋八幡」の和菓子をひとりに1つずつ用意。天井まで届く桜の木やウォールアートなどを存分に楽しみながら、家族や友人とプライベートな空間で花見を楽しめる。4月30日まで。

■ホテルニューグランド(横浜市中区)では、限定宿泊プラン「24時間おこもりステイ」を提供している。
チェックインの時間を自由に選び、そこから24時間ゆったりと滞在ができる宿泊プラン。客室は窓からみなとみらいの景色が広がるタワー館、または趣あるクラシックな雰囲気が魅力の本館から選択可能。ポーラのオーガニックバスアメニティ「JUILLET」とフラワーアレンジメントが用意され、ホテルで過ごすひと時を華やかに彩る。夕食はホテル発祥の伝統メニューである「シーフードドリア」「スパゲッティナポリタン」「プリンア ラ モード」をスペシャルディナーセットとして客室にお届け。また、希望者は、コンシェルジュが横浜市認定歴史的建造物の本館を案内する館内ツアーに参加することもできるという。4月25日まで。

■東急ステイ飛騨高山結の湯(岐阜県高山市)が開業した。
JR高山駅東口至近で、地上9階建て、客室数は212室。東急ステイは首都圏をはじめ、広めの客室、キッチン付きなど、暮らすように泊まるをコンセプトに展開しているが、観光型ホテルの進出は初めて。高山の地元料理を取り入れた夕食や大浴場、足湯、露天風呂などを備え、新しい長期滞在の需要開拓を目指す。客室内に洗濯乾燥機やキッチンを設置したタイプも用意する。備品に飛騨木工や飛騨さしこ、飛騨春慶など高山の伝統工芸を採用した。

■ザ・ニューホテル熊本(熊本市西区)は、ロビーなどを改装してリニューアルオープンした。
同ホテルは、2017年に当初のホテルニューオータニ熊本から名称を変更。今回、運営会社がこれまでの熊本駅前ビルから、関西を中心に結婚式場などを展開しているディライトの新設子会社に変わった。
1階ロビーはバーカウンターやコワーキングスペースを新設。イベントなどを開いて宿泊客と住民の交流の場となることを目指す。チャペルは内装を刷新し、一部客室の家具なども新調した。当面は地域密着のホテルとして地元の人に使ってほしいとしており、今後はさまざまな企画を通して外国人の誘客にも力を入れるという。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

ホテル業界ニュース

■金沢東急ホテル(石川県金沢市)では、金沢の武家文化の趣が漂う空間に仕上げたプレミアムツインの宿泊プランを販売している。
プレミアツインは「NEO JAPANESE LIVING 〜加賀をくつろぐ〜」をコンセプトに、白の木目を基調とした壁紙と障子の窓枠をしつらえた和モダンな洋室タイプと、床の間から着想を得た小上がりを備えたタイプの2種類がある。46平方mの室内は、あえてカーテンなどは使用せず、障子や格子などの和のデザインに取り入れ、武家文化の風雅さを感じることができる。また、マグカップには石川県の伝統工芸九谷焼を取り入れ、グラスは金沢の夏をイメージしたデザインを取り入れるなど、細部まで加賀の雅な趣を演出した。

■(仮称)ホテルドーミーインエクスプレス陸前高田(岩手県陸前高田市)が2022年春に開業する。
6階建てで、JR陸前高田駅東側の市有地に建設する。客室は138室。客室4〜5室は車いす利用者らも使いやすいユニバーサルデザインを採用。大浴場は市内の黒崎温泉から湯を運び、日帰り入浴もできる。10月に着工予定。復興に向けた都市計画に基づく商業・サービス業者の打ち合わせや水産関連企業の出張、復興・追悼イベント関連などの宿泊などの需要を想定しており、年間約7万人の利用を見込む。これまで周辺地域に流れていた宿泊客を市内につなぎ留めることで、地域活性化と東日本大震災からの復興加速につなげたい考え。

■ホテルテトラ大津・京都(滋賀県大津市)では、客室でテレワークできるプランを販売している。
料金は朝9時から夕方5時までの最大8時間で3,000円で、ベッドとユニットバスを使わなかった場合は、それぞれ500円返金されるという。当初は3月31日までの予定だったプランを今月下旬まで延長することにした。地元の企業などから好評で、厳しい状況でも新しい取り組みで頑張りたいとしている。

■スイス・チューリッヒのホテル「ル ビジュー」では、ウィルス検査が受けられる宿泊プランの販売を開始した。
客室内で検査が受けられ、医師の訪問や24時間体制のケアがオプションで選べる宿泊プランで、「COVID-19 サービス」とも呼ばれている。価格は、検査が500ドルで、1日2回の看護師の訪問サービスつきプランが1,800ドル、24時間体制のナースケアプランは4,800ドルとなっている。さらに、プラベートシェフや専用クリニックへの特別アクセスも用意されているという。
同ホテルは、著名人にも人気のホテルで、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックや、サウジアラビアの王族、映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のモデルとなった株式ブローカーのジョーダン・ベルフォートからも高い評価を得たという高級ホテル。

■星野リゾート奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市)では、5月7日より、宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施する。
同プランでは、クッションやベッドカバーなど、苔(コケ)の造形や質感を表現した客室「苔ルーム」に宿泊。奥入瀬渓流に点在する苔むした岩を表現したランチ「苔ランチプレート」では、料理を食べる前にルーペを使い、実際に苔を観察している気分を体験。デザートの「こけ玉アイス」は、抹茶アイスにほうれん草のパウダーをまぶし、こけ玉そっくりに仕上げているという。日中は苔を観察する「苔さんぽ」に参加したり、こけ玉作りなどを体験し、夜はBar Loungeで、森の倒木に生息している苔を表現した「苔カクテル」を味わえる。ステイ後は、苔ガールの認定書と、国内で28ヵ所ある「日本の貴重なコケの森」を案内する全国苔マップのプレゼントが付いて、文字通り"苔づくし"のプラン。7月31日まで。

■ホテルオークラ神戸(神戸市中央区)では、「お部屋でお花見」プランを販売している。
スイートルームを桜のアートフラワーで装飾し「アートフラワースイート〜桜〜」として、1日1室限定で登場したプラン。部屋の玄関から、リビングルーム、ベッドルームにいたるまで随所に桜を配し、部屋にいながらお花見気分が楽しめる。また、夕食付のプランでは、お花見弁当をイメージしたホテル直営の和食堂「山里」の夕食を「松花堂」で用意。この他にも、館内では、メインロビーへのアレンジメントや、ホテルメイドブレッド"桜あんぱん"をカフェレストラン「カメリア」で販売するなど桜ずくしで迎えてくれる。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

某ホテル様にベッドや寝具を一式納入させて頂きました。

◇某ホテル様にベッドを納入させて頂きました。




マットレスは「ポケット標準タイプホテルマットレス+ボックススプリングボトム(PSシングルサイズ x 2)」のツインルームです。ボトム色は「ロイヤルブラック」。


マットレスのエッジには、マットレスとマットレスをジョイントできる仕様になっていますので、「ツインルーム」としても、x 2台をジョイントして「ダブルルーム」としても使えます。




ベッド搬入中の画像です。


宴会場のフロアを通って、二人一組で慎重に搬入中。


低層階は階段経由で、二人一組で搬入中。





ベッド下部の「ボックススプリングボトム(PSサイズ)」です。
中にコイルが組み込まれた、少しクッション性のある、ホテルならではのボトムです。
この上に、「ポケット標準タイプ」のマットレスが載ります。




頭元の壁にエアコンや照明・空調等のパネルが組み込まれていて、ヘッドボード代わりになります。




寝具は、「デュベタイプ」の「白ストライプ」で足元を巻き込んでいます。

(ホテル羽毛ベッドカバー(デュベタイプ)。)

(ベッドメイクには「抗菌防臭ベッドパッド」と「ボックスシーツ」もデュベの下に使っています。)


上から「ベッドスロー(ライナー)」も掛けても良いですね。

ベッドのサイズは「PSサイズ(980mm幅) x 2」のツインルームです。


画像にはちゃんとうつっていませんが、窓にはバルコニーがあり、綺麗な海が眺められます。館内には大浴場もあり。


ぜひオープン後に泊まってみたいホテルです。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

ホテルのマットレスを販売しているサイトが発信する業界クリップニュース

■ホテルグランビナリオTSURUGA(福井県敦賀市)が2022年夏にオープンする。
北陸新幹線延伸による宿泊需要の増加を見込み、ビジネス用のシングルルームやエグゼクティブ対応の「ジュニアスイーツ」を設ける。同市が事業者を公募した駅西地区土地活用事業の一環。開発面積は約8千平方mで、新幹線開業に向けて交流・にぎわい拠点を整備する。都市型公園内に同ホテルや土産・飲食施設のほか、子どもの一時預かり拠点などを建設する。

■ワシントンホテルプラザが2022年3月に札幌に開業を予定している。
地下1階、地上14階建て。客室数は259室でデザインコンセプトは、「北海道の空気を感じる心地よいくつろぎの空間」。ワシントホテルは22年ぶりとなる「ワシントンホテルプラザ」ブランドを採用する。地元食材を積極活用した新鮮で安心な朝食を提供する予定。朝食や施設を通じて道産食材の魅力を情報発信することを目指している。工事は6月から始まる予定。

■渋谷エクセルホテル東急(都内渋谷区)は、渋谷スクランブル交差点をイメージしたスイーツを販売する。
同ホテルは、2000年4月7日、オフィスとホテルの2棟建ての渋谷マークシティ内にオープンした。この開業から20年の節目に、客室やレストランから臨める渋谷スクランブル交差点と、人や情報、文化が行き交う街・渋谷を表現した「Crossover(クロスオーバー)」というテーマを掲げた。このテーマをもとにしたロゴマークから、シェフパティシエが発想を膨らませ、2つの輪を交差させた記念スイーツを用意した。ロゴマークの大きな輪をモチーフに、濃厚なチョコレートムースで仕立てた球体型。フランス産チョコレートで艶やかにコーティングし、プレミアム感を表現した。甘味と酸味が口の中で重なる大人の味わいを楽しめるという。

■大阪マリオット都ホテル(大阪市阿倍野区)では、宿泊客をビルの片側に寄せることで、空室を活かしたライトアートを実現した。
「笑顔」「ハートマーク」など毎日デザインを変更したところ、SNSで話題に。「ニコちゃんマークにほっこり」「少し元気になりました」というコメントがツィッターであがったという。最初は、すべて北側だったが、南側からも見たいという声が寄せられたことから、南側と北側で2日間ずつおこなっているという。

■ホテル京阪名古屋(名古屋市中区)が4月3日に開業する。
同ホテルチェーン初の名古屋出店となる。客室は全259室。セミダブルルーム134室、ツインルーム112室、スーペリアツインルーム12室、ユニバーサルルーム1室で構成。全室2名以上の滞在が可能なゆとりのある作り。ホテル目の前にある桜通の「さくら」をコンセプトとし、さくら色が引き立つデザインとした。客室内ではモバイル端末とのミラーリング機能により好きな動画をテレビ画面で楽しめるという。ロビーには自動チェックイン・チェックアウト機を導入し、アメニティバーを設置。また各フロアにアイロンセット、2階にランドリーコーナーを用意する。ホテル1階のレストランでは、名古屋ならではの「ホテル京阪特製カレーきしめん」や「つけてみそかけてみそ」などのメニューをはじめとした和洋料理をバイキング形式で提供する。

■リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)では、創業65周年を記念し「春の特別キャンペーン」実施している。
同キャンペーンでは、対象店舗での飲食代が20%OFFになるクーポンを用意。クーポンは、レストランを利用の際、次回来店時に利用できる券として配るほか、ホテル公式ホームページのキャンペーンサイトで取得できるので、期間中何度でも利用可能。
期間中、各レストランでは、創業65周年を記念してランチとディナータイムそれぞれで趣向を凝らした特別メニューを謝恩価格で提供。春らしい華やかなメニューや旬の食材を使用した料理が並ぶ。4月30日まで。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

ホテル業界のニュースをご家庭にも

■世界的な観光名所「ナイアガラの滝」周辺のホテルでは、ハート型のライトアップを始めた。
米カナダ国境上に位置する滝のカナダ側の観光当局がフェイスブックの公式サイトで紹介した。周辺のホテルとカジノが一斉に、窓の照明でハートの形を浮かび上がらせている。「ナイアガラの希望のハート」というタイトルの下、団結して頑張ろうという意思表示だという。

■新潟豊栄ステイホテル(新潟市北区)がオープンする。
1階と2階はアパートメント型宿泊施設として、長期滞在を意識したホテルとして運営。客室は、スタイリッシュで統一感のあるデザインとなっている。全室ダブルベットで、女性客を意識して人気のキッチン付。冷蔵庫もアパートの一室のような作りが特徴で、無線高速インターネット通信も利用可能なため仕事も快適にできる。利用客がリラックスできるように、加湿器とエッセンシャルオイルを使うこともできる。3階以上は寮として学生などが暮らす仕組み。

■フォーシーズンズホテル京都(京都市東山区)では、フェラガモとのコラボアフタヌーンティーを提供する。
サルヴァトーレフェラガモの人気フレグランス「シニョリーナ」とのコラボアフタヌーンティーで、その世界観を、その香りのノートやイメージソースとなったフルーツなどを参考に、スイーツで表現。若いけれど凛としていて、勇敢だけどエレガント。そして、自立しつつロマンチックな一面も持つ。そんな現代の女性に向けた「シニョリーナリベレ」の世界観が楽しめるスイーツは、フェラガモのアイコンであり、香水瓶にも使用されている"ヴァラリボン"をあしらったパートド フリュイや、「シニョリーナ リベレ」のマゼンダカラーを基調にしたヴェリーヌなど、華やかな見た目と旬の素材の美味しさが楽しめる多彩なメニューが用意されている。また、注文すると、「シニョリーナリベレ オーデパルファム」のミニボトルをプレゼントする。4月10日から7月31日までの期間限定。

■JR東日本ホテルメッツ横浜(横浜市神奈川区)が6月27日に開業する。
ホテルテーマは「YOKOHAMA MY HOME」。館内は海やレンガなどの横浜のエッセンスを散りばめ、横浜を感じてもらえる空間を創った。客室はプレーンな色のクロスや絨毯、無垢な風合いの家具が自然になじみ、機能性を追求した洗練されたデザインで居心地の良さと快適さを提供。横浜を訪れる人にとって、自分の家になるようなホテルを目指すという。横浜駅より徒歩5分(歩行者デッキ開通後徒歩3分)。客室は174室(シングル142、ダブル11、ツイン21)。

■ホテル日航熊本(熊本市中央区)では、12階、11階の客室をリニューアルオープンした。
昨年1月から開始した3ヶ年の客室全面改装計画の内、第2期計画として12階と11階の改装を実施し、リニューアルオープンしたもの。
デザインコンセプトは「和」「熊本らしさ」で、アートワークを含めた家具を一新し、明るく清潔感のあるインテリアを設えてモダンな雰囲気を演出。 廊下から客室まで織りなす統一性のあるデザイン・カラースキームとするべく、「火の国・水の国 熊本」のイメージとして、熊本の雄大な自然の力強さと、いのちをはぐくむ湧きでる豊かな水を随所にあしらった。 また、郷土の伝統工芸「手まり」やアートワーク、スタンド、カーテンなど「和」のイメージから連想した要素も盛り込み、 国内外のお客が「熊本らしさ」を感じられる空間に生まれ変わった。

■京都プラザホテル京都駅南(京都市南区)がオープンした。
客室数83室。ビジネス客・観光客をターゲットとする。
JR京都駅八条東口より徒歩10分。京都市営地下鉄「九条駅」より徒歩3分。伏見稲荷までタクシーで8分。清水寺へは最寄りのバス停で13分。

posted by dream at 21:00| Comment(0) | ホテル業界ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする